So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

奥多摩でリフレッシュ!-三頭山ハイク [アウトドア]

オーママ、このところ体調ばかりでなく、オツムの具合もなんとな~くスッキリしない日が多い。全部うっちゃってどこかへ出かけ、一人でボーっとしたいなぁ・・・なんて思うことも。

でもワンコは放ったらかせないし・・・仕方ない、コブ付きで出かけるか。ハァ~(;一_一)

となれば出かける先は、やっぱりお山方面ですかねぇ。

しかし、現在ナビが壊れてて修理に出している。お馬鹿ナビなれど、最近老眼で運転中に地図を確認するのが手間なので、不案内な土地では現在地を把握するためにナビは必須なんだけど・・・知ってる場所に行くしきゃないね。

いちばんお手軽なのは丹沢方面だが、ギュスの歩けるコースということで思い浮かぶところはぼつぼつ蛭の活動シーズンだし・・・え~い、久しぶりに奥多摩方面に行ってみよう!

      ******

昨日は、予報だと最高気温が25度を超える夏日になりそうだった。犬たちを水遊びに連れて行ってやりたいところだったけど、今日ワン友さんたちと水遊びに行く話があった(諸事情で没!)ので水遊びはパスして、ちょっと標高の高いところで木陰のハイキングでもするとしましょう。

しかし、昨日の朝は植木屋さんが消毒に来たので、なんだかんだで支度を始めたのが9時半くらい。10時に出発するとして、奥多摩に着くのは昼過ぎ?!

で、上に書いたようなイキサツ(!)から、奥多摩は都民の森をベースに鞘口峠経由で三頭山に登り、三頭大滝に下る半日コースに決定。

09042202.jpg

思えば、このコース、オードリーが7ヶ月齢の時にパパと一緒に出かけたんだった(詳細はHPの『山日記』に)。懐かしいな~(^-^)

車が高尾辺りに差し掛かった頃から、オードリーはニコニコ~(^^♪

遊びに行くと信じ切っておりますっ!

09042201.jpg

こっち方面の時いつも寄るコンビニでランチを調達するつもりだったが、無くなっていたので、ちょっと先の別のコンビニに寄り、12時半、都民の森に到着。

平日、しかも前日けっこうな雨だったからか、ガラガラ。さっそく足ごしらえ(何ちゃって軽登山靴!)をして、出発。

暑いだろうと、犬用に水2リットル、自分用に水とお茶各500ml、雨具にヘッドランプ、そして普段より多めに“お散歩グッズ”とオヤツ、ママのランチ、でザックはけっこう重いかも。

長袖Tシャツにベストを羽織っていたのだけど、歩き出しは曇り空で、山の中に入ると、風も吹き出し、ちょっと寒くなってきたので、雨具の上着を着込む。

しかし、最初は犬たち興奮気味で、登りで引っ張られるのも辛いので、犬に合わせてタッタカ歩いたからか、今度は汗ばんできた。

10分足らずで鞘口峠に到着。

09042204.jpg

ベンチに荷物を下ろし、ママ、ランチ・タイム。 

「何かいるの?」

09042205.jpg

60代くらいのご夫婦が下ってきて、「大きな犬ですねぇ~でも大人しいね!」とギュスを撫でてくれると、オードリー、「アタシも~」って愛想ふりまき、奥さんに撫でてもらう。(*^^)v

15分ほどで出発。

いよいよ本気で登りはじめる。ここからは都民の森の散策路ではなく、昔ながらの登山道を選んで歩いたが、あまり人が通っていないのか、階段などがかなり朽ちていた。

時間からして登って来る後続はいないだろうけど、下ってくる人はいるはずなので、主に前方に注意しながら、時々オフ・リードにしてやる。(イケマセンネェ...スミマセンネェ...ゴメンナサイネェ...-_=;)

オードリーは時々獣の臭気を取っているようだけど、以前のように、感知するなり突っ走ることは無くなっているし、そもそも滅多なことではコースアウトしなくなっているので、ちょっと離れすぎたかなと思ったらすぐに呼び戻して右サイドに付けながら登る。

09042206.jpg

ギュスは、最初の30分ほどはペースがつかめず、前に出たかと思うと、遅れ気味になったりで、バタバタしていたが、徐々に自分のペースができてきて、それからは、ママがリードこそ握っているものの、オフリードも同然という感じで、常にヒールポジションをキープして、ママの左サイドやや後ろに付いて歩いていた。

オフ・リードになったオードリーが先行しても、特に文句も垂れず、本当にお行儀よく歩いていたので、ビックリしてしまった。(去年の秋、幕山に登ったときとは大違い!)

そこで、時々足を止めて、「オードリーのところに行ってもいいよ!」と放してやると、小走りでオードリーの元に駆け寄り、一緒になって周囲の匂いをかいだり、何かの気配に興味津々となったりで、楽しそうだった。

2匹とも、呼び戻せばすぐに飛んで戻ってくるし、ずっとオフ・リードで歩けたら楽チンなんだけど、そうも行かないか。

09042207.jpg

で、気は配っていたものの、運も良かったのかな・・・小休止や撮影タイムにしかハイカーと出会うことが無かったし、なんといってもオーパパがいなかったお陰で(パパ、ごめんよぉ~^^ゞ)、2匹ともすっごくいい感じで歩くことができた。(^_-)-☆

1時間足らずで東峰と西方の分岐。

09042208.jpg

まずは見晴台のある東峰へ向かう。

すぐに(三つあるピーク=“三頭山”のうちの)中央峰を通過。

09042209.jpg

さらに1~2分で東峰。

ほとんど陽射しが無くて、風もあって肌寒いくらいだったけど、犬たちはベロンチョ。

「展望台で休憩するからね~もう少し頑張って!」

09042210.jpg

そして、展望台。

「記念撮影なんて後にして、お水頂戴っ!」

09042211.jpg

「お水だぁ~♪♪」
「待ってました!」
「オヤツもあるよぉ~^m^」
「何でここまで来て鼻パクかなぁ?」

09042212.jpg

ちょうど鼻パクしてる時に、若いカップルが展望台に上がってきて、「???」っと不思議そうな表情ながら、「大きな犬ですねぇ~でも大人しいですねぇ~」とまったく同じ挨拶が繰り返される。^^;

ガスっていて展望が無いので、彼らは2~3分で去っていったが、すぐに出発すると後を追うので、5分くらい待って出発。

分岐まで戻り、今度は西峰へ。ここが一応三頭山の正式な三角点のはず。

09042213.jpg

一人いたハイカーのオッサンが、遠くから大声で「でかい犬だね!」と、なんだか怒ったような声で挨拶(?)してきたので、「はぁ~」とだけ返し、これまた下るのを見送って5分ほどで出発したのだが、今度は、犬たち、やけに後を追おうとする。(匂いを取って興奮気味にずんずん進もうとする!)

09042214.jpg

でも、沢沿いの道で、石ゴロゴロなので、ギュスのことを考え、一度気合を入れ直す。が、前日が雨だったからか、チョロチョロながら水の流れる沢沿い。オードリーは入りたくて仕方ない。

それでも、昔みたいにリードをぶっ千切ってでも飛んで行くなんて事はせず、「サイド!」というとブルブル震えながら(武者震い?!)その場で足踏みして、なんとか気持ちを抑え、ママに付いて歩いていた。

09042215.jpg

ちょっとギュスのペースが乱れてきて、くたびれちゃったのかなぁ~と思った頃、大滝の休憩所に到着。15時15分。

09042216.jpg

滝見の吊橋には先行グループがいたので、橋の袂のテーブルでお茶しながら待つこと数分。年配のご夫婦と娘さんの一行が戻ってきて、話しかけてきた。オーギュス、大喜びしながら擦り寄り、「撫でて~」っと強要。(^^ゞ

しばらくお喋りした後、一行は休憩舎に向かい、オーギュス&ママは吊橋へ。

09042217.jpg

この吊橋、滝を見物するためのものなので、対岸は封鎖されているため、橋の上で記念撮影して、再び袂のテーブルに戻り、さらにしばらく休憩の後、都民の森の散策路経由で駐車場に戻る。

09042218.jpg

まだ木の香りがする新しいウッドチップが敷き詰められていて、ギュスの疲れた足を癒してくれたかもぉ・・・(^-^)

09042219.jpg

山の上の方は、まだまだ春は浅く、ブナ林の芽吹きには早かったけれど、里には春の花がちらほら。東京の街ではすでに終わったハクモクレンや八重桜が咲き、今満開のヤマブキなどもこれからという感じ。

09042200a.jpg

そして、なんたって檜原村ということで、はい、ヒノキでございますぅ~花は終わっていたようだけど、実はママ、歩き出して間もなく鼻水ジュルジュル。やっぱり花粉が飛んでた模様です。(ーー;)

09042200b.jpg

16時過ぎに駐車場に戻り、売店前のテーブルでまた一休み。

オーギュスを車に収納して、フラッと売店に立ち寄ってみたら、見つけちゃいました。ギュスターヴ・サイズ(?!)のカウベル!

ちょっと高いかな~と思ったけど(¥840)、ギュスもしっかり歩けるようになってきたことだし、奮発しちゃいましたっ!

オードリー愛用のカウベルと並べてみました・・・

09042221.jpg 

      ****** 

オーママ、子供の頃より、祖父の渓流釣りやら、父の山登りに連れまわされ、山歩きをはじめ、大学の山岳部や社会人山岳会では仲間たちとずい分山へ行った。

が、実は、単独行が一番好きなのだ。オーパパのように、ヴァリエーションや岩登りに単独で出かけようとは思わないけど、ワンダーフォーゲルには一人が最高だと思っている。だから、なるべく人のいない場所へ平日出かけるのがベストなんだけど、今回、オーギュスと歩きながら、なんか、す~~~っごく幸せだった。

特に今回は、出かけるまでは、犬たち留守番させて一人で行きたいなぁ~くらいに思っていたんだけど、連れて行って良かった。(*^_^*)

オードリーが子犬の時、「一緒に山に連れて行ける」を目標に、トレーニングに励んだっけ。そして、ギュスを迎えてからは、「ママ一人でも、2匹連れてどこにでも出かけられること」を目標にしたんだけど、先だっての“2頭引きお花見行脚”や今回の三頭山ハイクを通して、少なくとも、オーギュス&ママのパック(パパ抜きって言うこと。ゴメンね、パパ!)でなら、どこへでも行けると思えるようになったのだった。

「過信しすぎかなぁ・・・」
「いいんじゃない! 少しは私たちのこと信用しなさいって!!」
「ダイジョブ、ダイジョブ。」
「う~ん、やっぱり危ないかも・・・」

09042220.jpg


<コース・タイム>
12:40 駐車場出発 - 12:50/13:05 鞘口峠 - 14:00 東峰との分岐 - 14:02 中央峰 - 14:04 東峰 - 14:06/14:15 展望台 - 14:25/14:40 西峰 - 15:15/15:45 大滝 - 16:05 駐車場着

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 2

ちゃなっち

オーちゃん ギュス君楽しそうですね~
それにしても 荷物、重かったでしょうね。。。

誰もいなかったら イケナイと思いつつ
オフ・リードにしたくなりますよね
ずっとオフ・リードで一緒に歩きたい…なんて夢かなぁ、、、(^^ゞ
展望台での景色 残念でしたね
景色のかわりに 鼻パク芸が見れた?(笑)

懐かしい場所へのお出かけ
体調&オツムは復活しましたか~♪


by ちゃなっち (2009-04-25 06:45) 

ジャンニスキッキ

> ちゃなっちさん、
去年10月に行った時は、ギュス、ヒールポジションで歩いていたものの、
オードリーをオフ・リードにすると、「姉ちゃ~ん!」ってピーピー文句垂れて
いたので、ついついギュスも放してやって、頻繁に呼び戻す感じでした。
でも今回は、私のペースに合わせている感じで、ホントにヒールウォークが
身に付いてるかも・・・と驚きました。

オードリーなんて、未だに長時間はムリですから~あまり“ママペース”を
強要するのも気の毒かな~と、いけないと思いつつ、ついオフにしてしまっ
て。引率者が一人なので挟むわけにもいかないから、周囲にアンテナ張り
巡らして歩きました。(-_=;;

なのでそれなりに緊張していましたが、前回つまらなそうに(?)見えた
ギュスターヴも、“オードリー命!”ではなくて、山を楽しんでるようで(オー
ドリーはいつも楽しんでますぅ~^^;)、そんな犬たちを見ながら歩くのも
いいなぁ~と感じました。

というわけで、気疲れしつつも、リフレッシュしたかなぁ・・・(^_-)-☆

by ジャンニスキッキ (2009-04-26 08:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。