So-net無料ブログ作成
検索選択

シコリがぁ~(=.=)! [病気]

やっと秋の陽気が定着したかな~と思っていたら、本日はまたまた夏日のオーギュス地方です。えぇ、日中はエアコン(冷房!)つけましたよ。昨日の朝は暖房だったけどぉ~(T_T);

半月ばかり更新できなかったからか、ギュスのこと心配してアチコチからメール頂戴しました。ギュス、引き続き頑張っております。たくさんの励まし、ありがとうございます。

とはいっても、このところは、もしギュスが抱っこできるサイズだったら間違いなくかかりつけに駆け込んでるといった状況が頻発しておりまして、ギュスの体に何が起きてるのか、最早お医者さんも正確には把握できてない?みたいな。(@_@。

分かっている事は、ギュスが “まだまだ生きようとしてる” ということ。

一時戻っていた食欲がこの2~3日はめっきり落ちているにもかかわらず、ママが台所に立つと、相変わらず、体を起こして、思いっきり期待を込めた目で、「何かもらえるんだよね?」って。

冷蔵庫なんか開けようものなら、目をキラキラさせちゃって・・・

だけど、ほとんどのモノは鼻で選別されて却下されてしまいます。その瞬間それまでの目の輝きが一気に失せて、バタっと倒れてしまうのです。そのたびに、「ご免よ~ギュスの食べられるものが見つからなくて」と胸が締め付けられる思いです。

それでも先週末までは、レバー偏重の食生活が続いていて、オーパパが口元(鼻先?)に運ぶと起き上がってパクっ。2切3切食べるとバタっ、しばらくすると起き上がってまた1口2口みたいな食事をしていました。( ↓ その頃の画像です) 

16102202.jpg

今日は、ここ半月の経過を記録しておくつもりですが、けっこう “うっ。” という画像が並びますので、苦手な方はスルーしてください。畳んでおきますね。^^;

続きを読む。。


コメント(2) 
共通テーマ:ペット

シコリ成長中。 [病気]

秋晴れ、続きませんね。土日雨模様で、今日は降ってないけれど陽射しがなくて、肌寒い陽気です。もう真夏日は戻ってこないのかな??半袖しまうぞぉ~!!!

湿度も60%を切ったので、久しぶりにまったくエアコンなしで過ごしてますけど、ギュスは相変わらずしんどそうです。暑いわけじゃないと思いますが、横ベロでパンティング中。なぜか15時を回ると起きては倒れの落ち着かない状態になって夕飯くらいまで続きます。鼻血騒ぎの日から、程度の差はあれ毎日です。

実は鼻血騒動が起きた金曜の晩、ドッタンバッタン自力で180度移動したギュスを元の場所に戻そうとパパが身体をずらしたときに、ギュスがパパに向かって激しく威嚇しました。牙を剥いて、恐ろしい形相で(じゃっかん野生が見えていたというか... あんなギュスを見たのは初めてでした!)、噛みつかれなかったのが不思議なくらいでした。

それで、かかりつけの先生と相談の上、やっぱりどこか痛いからじっとしていられなくて落ち着かないのかもしれないからと、以前一度使った医療用麻薬パッチ(=フェンタニル)を再度試してみることになりました。

確かにこの夜は割と平穏に過ぎました。翌9日もまぁまぁ。食欲もキープしていたし、やっぱり痛みがあって、パッチが効いたのかも~と思っていたら、午後3時を過ぎた辺りから、例のドッタンバッタンが始まり、前日ほどでは無かったけれど夕飯近くまで続きました。

で、昨日は朝から今ひとつ元気がなくて眠り続けていましたが、昼ご飯のあと、やはり午後3時頃から始まって、6時くらいまで。今日も同じく15時10分頃から始まって、今もドッタンバッタン起きたり倒れたり、やってます。

というわけで、ドッタンバッタンについては、パッチが効くわけではなさそうです。

でも、今夜10時半に剥がして、半日~1日様子見て、なにか痛みの表現(=牙を剥くとか?!)が再度出るようならパッチは続けた方がいいだろうといわれてますけど、医療用麻薬なので取り扱い(手続き?)がちょっと面倒なところへ、かな~り高額です。今のところ3日に1枚なので保険でカバーできる額ですけど、貼る場所も替えないと皮膚炎おきちゃうし、できれば使わずに済ませたいところです。

ちょっと脱線すると、骨肉腫の痛みが抑えられてるのが本当に救いです。でも3回目の放射線からもう1ヶ月半経過してるので、この先どうなるかはわかりませんけど。

何の話でしたっけ?そうそう、ドッタンバッタンの原因でした。

前にも書きましたが、9月以降食餌の量が半減してるところへ内容も思いっきり偏っていますし、寝たきりですので腸の動きも悪くなっているので、便秘というのか、週1回くらいしか排便がありません。この半月ほどは、鶏のレバーをメインに、動物性蛋白質ばかり摂取しているため、くさ~いガスがプスプスプスプス出ていますが、なかなか便が出ません。

それで食物繊維を補うために時々“イージーファイバー” なるトクホのサプリを与えますと、半日くらいで便意が起こって、さらに半日くらいするとボチボチ出だします(オーママは便秘なヒトではないので、この手のサプリがどう効くのかはイマイチつかめてません)。それが何故か金曜土曜の周期になっていることもあり、もしや便意を催しているのでは?なんて思っていたら・・・

16101001.jpg

はい、この週末も、金曜の夕方と、土曜の飼い主の夕飯中に(笑)まずまずの分量排出されました。で、たいてい最後は下痢Pになるので、それが出切るまで落ち着かないのかな~なんて様子みてます(今週はまだPになってません!)。

鼻血の方は、土曜日は出なかったけど、昨日はまた少し出ました。今日は今までのところ出ていません。止まるという事は血小板の値はそれなりなのでしょう。そして先生が仰るように、まだDICではないとしたら、以前記事にした口腔内の組織の壊死的な事が鼻腔内でも起きていて、壊死の前段階、化膿して膿や血が出ているのでしょうか?

考えても分からないことだらけでどうにもならないから、もう成り行き任せ、その場その場で対応するしかないんだろうけど、シコリの破裂は対応しきれないかもぉ~(T_T);

しか~し、この2週間で、ホント、恐ろしいほどに成長しました。そしてまだまだ進行中です。

9月中旬には6~7cmだったのが、下旬になると片方の掌でなんとか覆えるくらいまでに増大し、昨日は、もう見るのも触るのも恐ろしいほどの大きさになってしまいました。両掌でも覆うのは難しいでしょう。もうシコリというレベルではない?いや、もしかすると全部がシコリではないのかもしれません。シコリ(=腫瘍)によってリンパの流れや血行が悪くなって浮腫んでる部分も一緒くたになってるのかもしれないのですが・・・

右の脇の下から胸に掛けての画像です。線で囲ったエリアは胸側ですけど、脇から背中側にも腫れあがってます。

16100902a.jpg

オーパパがメジャー当てて撮れというので・・・

16100902b.jpg

水平のラインが通常の胸の表面。腫れの部分は体位にもよりますが、最大8~10cmくらいの厚みで盛り上がっていて、タポタポした感じはなく、やっぱりしこってるのかな? 昨日からちょっと熱感が強くなっているのでアイシングしていますが、例のごとくドタンバッタン動くので、ほとんど冷えてません。(^^ゞ

でもねぇ~シコリ自体は触ったから痛いというわけではなさそうです。シコリに押されてどこかが痛いみたい。内蔵?これとは別に右の脇腹というか胴体の横の面に(昨日現在)片掌大のシコリ(みたいなモノ)も成長中でして、いやぁ~体中ガンに蝕まれていんじゃないの?みたいな。orz

とにかく、この2週間、食欲はまずまずだったのに、ギュスの体は日ごと痩せ細り、なのにシコリ(=ガン)はどんどん育つ。うぅぅ~ひょっとしてガン細胞がギュスの食欲をコントロールして、自分に必要な栄養分をリクエストしてるんじゃないのか~とSFまがいの妄想に取り付かれそうなオーママです。

でもね、食べるといえば食べさせるしかないでしょ?たとえそれがガン細胞のリクエストだったとしても、ギュスがニコニコ喜んで口にするんだったら、運ぶしかないでしょ。

というわけで、ちょっと早いけど、ハロウィンクッキー焼きました!

16100801.jpg

今回は動画もちゃんと保存されてたから、アップしますね。あ、ハイエナ婆ちゃんを牽制する音声がお聞き苦しいかもしれません。^^;


コメント(2) 
共通テーマ:ペット

やっと秋晴れ! [病気]

ギュスのこと、ご心配おかけしております。m(._.)m

お陰さまで大きな変化はなくて、今日も鼻血を噴出した直後にも昼ご飯を食べるなど、苦しそうな息遣いとは裏腹に、まだまだ生きる意思表示しております。(^.^)

9月24日にかかりつけの先生に往診していただいた際、巨大化する脇のシコリについて(医療処置としての)最終的な選択肢として放射線治療(=腫瘍膜の崩壊~表皮の破裂を食い止めるために腫瘍縮小を期待して)する可能性があるのならばシコリが腫瘍であることを確定しておいた方がよいうということで、針生検を受けました。

で、先生が顕微鏡で覗いた感触では悪そう(=骨肉腫の転移らしい)だと。まぁ、ほぼ確定なんだろうけど、それでも手順として病理検査に出すことになり、先日結果が上がってきました。

16100201.jpg

予想どおり、骨肉腫のリンパ節転移でした。(何人かの獣医さんから聞きましたが、骨肉腫のリンパ節転移は相当稀なんだとか...なんでそんな事になるんだぁ~!+_+;)

でも検査前には、最後の手段として放射線もありと仰っていたかかりつけの先生、ここへ来てさほど勧めなくなりました。というのは、大きな変化ではないけれど、日々、いえ時々刻々と体調に小さな変化が起きていて、アップダウンしながら落ちていってるのが実感できるからだと思われます。

はい、もう通院はできませんが、ちょっとした変化があるごとにママが連絡するものだから、先生もおおよその事は把握されているのです。

いちばん辛いのは呼吸でしょうか。それとて、他の呼吸器疾患のように気管支拡張剤や咳止め、去痰剤などでどうにかなるわけではないし、酸素濃縮装置(というのが正確な名称らしい。^^ゞ)で濃縮された酸素を送ってやるくらいみたいです。痰の吸引ができないか聞いてみたのだけれど、犬ではやらないようです。

それでオーママも持ち駒を総動員、ちょっとでも楽になる方法はないかと探りまして、“人参養栄湯”という漢方薬を試してみたらどうかな~と。今週火曜日にママ自身の漢方クリニック受診の際に先生に相談したところ、十全大補湯が使えていたのなら試してみる価値はあると。この方剤、十全大補湯の効能に加えて、呼吸器症状の緩和と気持ちを上げてくれる作用もあるから、飲めるならあげてみればと。ただしオウギが入っているので胃もたれ感が強くなると食欲不振が悪化するかも、って。

その日のうちにかかりつけの先生にお願いして、昨日から飲み始めました。

16100601.jpg 

一時ひどく低下していた食欲が、この1週間くらいは回復していたこともあって、心配をよそに “お薬ゼリー” でなんとか飲んでくれています。

<オーパパ、献身的にお世話してます!>
16100301.jpg

排尿の変化もありました。

自力でトイレに行けなくなってからというもの、寝床で排泄することはどうにも受け入れられずギリギリまで我慢、圧迫排尿を試みても、お腹に力をいれてなかなか出してくれませんでした。

が、9月28日未明から、なんとチョロチョロと尿漏れが!とうとう排尿の神経もダメになっちゃった?と落胆したものの、三日目だったか、圧迫排尿中に、ジョーっと大量放出。以来垂れ流し状態はピタッとやんで、1日2回、オーパパが頃合を見計らって圧迫すると出してくれるようになりました。(ママだと相変わらず力入れて我慢してます!)

ギュスなりに悩んでいたのでしょうか。でも我慢の限界を超えてチョロチョロと意に反して尿漏れ?そして遂に気持ちの整理をつけて、寝床での排尿を受け入れたということではないかと推察してます。哀れというなかれ、よくぞ決心したと褒めてやってくださいませ。(^^♪

垂れ流していた三日間は、1~2時間おきにシーツを交換していても内股~お腹が真っ赤になって、あっという間に湿疹が広がり、膿皮症も起きかけていたので、ギュスとしたら不本意だろうけれど、圧迫排尿を受け入れてくれて助かりました。えぇ、炎症・湿疹もほぼ鎮まりました。

しか~し、今日はまたまた一波乱。

13時ちょっと前、お水を150ccほど飲んだ直後、いつものようにバタッと横倒れ、それと同時にガフッっと、咳とも(荒い)鼻息ともつかないような音とともに右の鼻腔から鼻血が噴出しました。でも流れ続けてるわけじゃなさそう。でもでも~数分後に体を起こしたら、また右の鼻腔から、今度はタラタラ~っと出血。

それでママ一瞬焦りました。

先生から、「腫瘍の末期症状の一つにDICというのがあって、体のアチコチで出血がおき、鼻血もよく出ます」と聞いていたので、ひょっとしてそれか?と。

でも、2回目以降は流血することはなくて、鼻腔内に残っているか滲み出てるくらいの血液が、鼻息が荒くなったときに飛び散ったり、鼻汁が出るときに混じってる程度になって、先生も、「DICなら止まらないから、ここ最近鼻から色んな物が噴出する現象が起きてることだし(汗;)、おそらくそっちの関係でしょう」と。

で、鼻血が一段落して、オーちゃんにお昼ご飯あげてたら、「オイラは?」って。kiriのクリチ2個、自家製ササミジャーキー1本、シュークリーム大1個を平らげ、水150ccを飲み干して、例のごとくばったり倒れました。

16100602.jpg

ここまでは特に普段と変わりなかったんだけど、15時くらいから、なんだかいてもたってもいられないという様子で、「母ちゃん、何とかしてくれ!」と頻繁に訴えはじめました。そういわれても、酸素吸入か、給水くらいしかできなくて、さすってやってもあんまり触られたくなさそうだし・・・

そうこうしてたら、もがき出したというか、起きては倒れを繰り返しながら、体(上半身)をほぼ180度移動し、それ以上移動できないため、その場でずっとジタバタしてます。息遣いはとりわけ速くなってるわけじゃないし、体温もこのところの平熱、骨肉腫やシコリは触れたら若干熱っぽかったけど痛みのあるリアクションはないし・・・

先生が、鼻筋辺りを冷やしてみてというので試みるも、激しく拒絶され、為す術もなく見守り中(というわけでブログ更新中?!)。なんなんだか。

<ショッキング画像で失礼します。m(_ _)m>
16100701.jpg

ギュスがドッタンバッタン動くものだから、耳の遠くなったオーちゃんも、流石に気付いて、遠巻きに様子見中。

16100702.jpg

で、こんな状況なのに、膀胱炎になったオーちゃん用に焼いたクランベリーの全粒粉ビスケットを(先だって全粒粉入りカボチャクッキーをバクバク食べてたから)試しに鼻先に持っていってみたら、食べました!それも何枚も。(@_@)

16100703.jpg

ママ、調子にのってどんどんあげて、おまけに動画までとったのに、何故か最後の3秒しか保存されてなかった。orz

というわけで、数日前の夕食の風景など貼って、本日はお開きに致します。(*^_^*)


コメント(2) 
メッセージを送る