So-net無料ブログ作成

レオンベルガーと訓練競技をするということ-ギュスターヴとの競技生活を終えるにあたって [競技会]

10日ばかり前のことですが、3月に登録申請したJKCオビディエンスⅢの合格証書と、書き換えられた血統書が届きました。

14051201.jpg

ギュスの血統書、何度書き換えたのかなぁ・・・オーナーの名義変更に始まり、訓練試験に受かるたび、そしてチャンピオンタイトルを取るごとに、合わせて5~6回は更新したでしょう。

でも、それも今回が最後です。

14051202.jpg

ギュスターヴ&ママチーム、JKCの訓練関連のタイトル全10種類(=家庭犬訓練試験CDⅠ~Ⅹ(4種目)、オビディエンスⅠ~Ⅲ(3種目)、BH、トレーニング・チャンピオン、グランド・トレーニング・チャンピオン)獲得したので、これでタイトル挑戦はお終いです。

14051203.jpg

よって、血統書の書き換えも今回が最後というわけです。

よくここまで頑張ったなぁ~というのが、一番の感想です。

ドッグ・スポーツを楽しむペアの中には、訓練(CD&オビ)だけではなく、アジリティやフライボールといった、ダブル、トリプルでタイトルを持ってるペアも大勢いることを思えば、声を大にして「すんごく頑張ったんだよ~!」っていうほどのことではないのかもしれませんけど、超大型犬種ということを考慮したら、相当頑張ったのではないかと思います。^^;

      ******

ここまで書いて、夕方の散歩に行って、帰ってきて郵便受けを覗いたら、こんなものが届いておりました。(*_*);

14052703.jpg

何かと思ったら、“オビディエンス・チャンピオン”の登録申請書でした。

オビⅢのお受験のとき、じぃママさんから、オビ・チャンというタイトルができるという話は聞いていましたけど、この先オビⅢに出陳することもないだろうし、ギュス&ママが競技生活を送っていた時期にはなかったタイトル、関係ないや~と思っていました。

が、どうやら現時点で保有しているオビディエンスで獲得したポイント全てを(オビⅠ・オビⅡもOK!)算入するらしいです。

というわけで、ギュスは、オビⅠ・オビⅡ・オビⅢ、各1回ずつしか出陳していませんが、全部ポイント貰っているため、オビでゲットしたポイントが27点ありまして、「登録してください」とお知らせがきたのでした。

う~ん、オビ・チャンということはグランド・オビ・チャンもあるんでしょうか? そこまで狙うんだったらチャンピオン登録しておかなきゃダメだけど、ギュスにはもう先はないからねぇ・・・登録料も必要だし、考えちゃいますわ。たぶんオーパパは「必要ない!」っていうだろうなぁ~(=.=)

でもね、申請書見ると、“FCIインターナショナルオビディエンスチャンピオン”ていうタイトルになってます。ひょっとして、FCIの訓練資格なのかな? だとしたら、このタイトル持ってるレオンベルガーって世界中にどのぐらいいるんだろうか・・・レオンベルガーは個体数自体が少ないから、“FCIインターナショナルワーキングドッグチャンピオン(IPOⅢ)”持ってるシェパさんたちより少ないことは確実だと思う。やっぱり、登録しちゃおうか??(追記:FCIの資格は以前からあるそうで、今回やはりJKCのオビディエンス・チャンピオンとグランド・オビディエンス・チャンピオンというタイトルが新設されたそうです。確認訂正情報でした。^^)

      ******

新たなタイトル登場(?!)で、なんだか書こうと思ってたことがとっ散らかってしまいましたが・・・

今日は、4年間のギュスとの競技生活を振り返りながら、超大型犬であるレオンベルガーとの訓練について少し書き記そうと思っています。

これまでも、HPやブログに“躾と訓練”について何度か書いて来ましたが、オーママにとって、躾はmustだけど、訓練(ここでは、トレーニング全般としての訓練ではなくて、“訓練競技”というドッグ・スポーツの一つの分野としての訓練です!)は犬と一緒に楽しむレクリエーション(=オマケ?)という位置づけです。

なので、極論するなら、日常生活の中での“待て”や“来い”は絶対ですが、訓練の課目としての“休止”や“招呼”は出来なくたって目くじら立てて怒ることはないのです。でも、出来たら褒めると犬が喜ぶし、褒められると自信がついて堂々としてくるから、そんな犬の姿を見るのが嬉しくて、トレーニングに励んじゃうんです。

ま、オードリーの時は、ビビリの克服という永遠の課題がありましたから、競技会やお受験も躾の延長という色合いが濃かったですけど、ギュスターヴについては、今にして思うと、肩肘張って躾とかトレーニングとか頑張らなくても、日常生活に支障をきたすようなことは(恐らく)なかったんじゃないかな~と感じています。

最初に迎えた犬に散々手古摺った経験から、ハイパーじゃないけどデカいから“備えあれば憂いなし”だよね~みたいな感覚が半分、そして、散々手古摺ったとはいえ、躾→訓練→競技会というトレーニングの過程があったからこそ築けたオードリーとの関係を、ギュスターヴとも築きたいという思い半分で、訓練を始めたのでした。

犬と遊ぶ(散歩とか、ボール遊びとか、登山とか、水遊びとか、雪遊びとか、旅行とか、エトセトラetc.)のはもちろん楽しいんですよ。

でもね、一つの目標に向かって、パートナーとして互いに切磋琢磨する時間ていうのかな・・・そして、結果として目標を達成した時の充実感というのは、一味も、二味も違うように思います。

      ******

レオンベルガーを含めて、超大型犬種の場合、ゆっくりゆっくり体が出来ていって、出来上がったと思ったら、あっという間にピークを迎えて、いっきにシニア期に突入しちゃうようなところがあるので、思いっきり動ける時間が短い分、決してドッグ・スポーツに向いているとはいえないかもしれません。

唯一、無理なく続けられるのがウォーターワークかな~と思って、当初は、オードリーとは頓挫した水難救助犬を目指してみようかなんて考えていたのですが、ギュスは皮膚が弱くて、水に濡れた状態でいると皮膚炎が悪化することが判明したため、諦めざるをえませんでした。

また、ひょろひょろの若犬だった時分、2~3歳の頃には、オードリーのアジ練に同伴して、楽しく走ったりもしましたが、体重がのってきてからは怪我が心配で続ける気にはなれませんでした。 

となると、残るは、(ママ的にはそんなに好きじゃないけど)“訓練”くらい?

最初のうちは、オードリーの学校や自主トレに同伴したら、「オイラもやるぅ~ワンワンワンッ!!!」ってアピールするものだから、それこそ遊びの一環で練習をしたものの、競技会なんていうことは念頭になかったんですが・・・

だって、動きは緩慢だし、ツーといえばカーのオードリーみたいに一瞬にして指導手の意図を理解するタイプではないし、オヤツにも反応しないし、パピパピのほんの一時期を除いたら、基本テンション低いし、と、おおよそ競技会向きではないように思えたんです。

だからといって理解がことさら遅いわけではなく、学習能力は存外優秀、そして何より、(これはレオンベルガーだからというよりはギュスの個性?)冷静沈着で環境の変化に動じないという、競技会や試験ではけっこう重要な部分でかな~りイケてるということが、徐々に明らかになりまして・・・^^;

そんな頃、同じ地元で訓練競技で頑張ってるレオンベルガー嬢(ありがとう~ロージーちゃん!)がいることを知り、「だったらギュスも試しに出てみる?」みたいなことで、競技会デビューに向けて準備を始めたのでした。

ただ、オードリーが訓練でお世話になっていたO先生のポリシー(?)は、競技会出陳は急ぐ必要ないというもので、ゆっくり作っていけばいいんですよ~という方針だったので、デビューは2歳を過ぎてからでした。

でも、超大型犬の成長スピードを考えると、これって、すごく良かったのかもしれません。

身体もさることながら、オツムの成長もけっこうスローペースだったから、色んなことが噛み合って来たのが2歳前後だった気がしますので、うん、急がなくて正解でした。

ただね、いざ競技会に出てみて、最初は撃沈続きで期待できないと思ったのに、波に乗ってからというもの、ママに欲が出てきて、ひょっとしたら良い線いくかも~となったとき、超大型犬の“良い時期(=4歳前後の1~2年?)”に照準合わせて一気にタイトル狙わないと難しいと気付き、そこからは、日々のトレーニングを楽しんだ結果としての競技会出陳から、目標達成のための競技会出陳に変わってしまって、う~ん、ギュスターヴ的には、ちょっときつかったのかもしれません。

しかし、犬というのは素晴らしい相棒でして・・・

あんなに箸にも棒にもかからなかったオードリーにしても、時を重ねるに連れて、本当に“良いパートナー”になりました。指導手が求めれば求めるだけ、どこまでも付き合ってくれるんです。人間だったらここまで付き合ってくれないかも~くらいの辛抱強さでして、ホント、泣けてきます。

お陰で、ギュスターヴとは、一番輝ける時期を過ぎてからも、2年近く充実した時間を過ごすことができました。

ここに、競技会デビューから引退までの記録を列挙してみますね。(詳細については個別の記事を参照下さい)

2010/02/11 (2歳1ヶ月)
第24回神奈川訓練士会競技会☆競技会デビュー!
CD1(家庭犬初等科) 46.9点/50点 5席/22頭中

2010/03/28
JKC神奈川ブロック訓練競技大会★初JKC→撃沈(/_;)
CD2(家庭犬中等科) 93.6点/100点 14席/27頭中

2010/11/02
JKC第80回2010秋季訓練競技大会★2度目の撃沈orz
CD2(家庭犬中等科) 92.4点/100点 席次不明

2010/12/23
JKC2010ST連合会東日本訓練競技会☆3度目の正直で初のPointゲット+初・表彰台!
CD2(家庭犬中等科) 96.4点/100点 5席/23頭中 ポイント

2011/02/27
JKC埼玉ブロック訓練競技会
CD2(家庭犬中等科) 98.2点/100点 6席/29頭中 ポイント

『2011/05/07
OPDES オビディエンス競技会
オビディエンス2 87点 2席/7頭中』

2011/06/26 (3歳5ヶ月)
JKC2011FCI東日本インターナショナルトライアル☆T.ch完成!
CD2(家庭犬中等科) 96.3点/100点 12席/25頭中 ポイント

2011/10/15
大島ドッグトレーニングスクールにて
公開訓練試験初等科&中等科(CD1&2)受験 48点&95.2点 優合格

2011/10/30
JKC神奈川ブロック訓練競技会
CD2(家庭犬中等科) 96.8点/100点 8席/24頭中 ポイント

2011/12/24
JKC2011ST連合会東日本訓練競技会
CD2(家庭犬中等科) 98点/100点 4席/27頭中 ポイント

2012/02/26
JKC埼玉ブロック訓練競技会
CD2(家庭犬中等科) 97.1点/100点 6席/29頭中 ポイント
公開訓練試験高等科(CD3)受験 196.1点/200点 優合格

2012/03/25
JKC2012FCI東日本インターナショナルトライアル☆オビⅠ初出陳で合格+1席+ポイント!
オビディエンスⅠ 274点/320点 1席/4頭中 Mポイント 特良合格
CD2(家庭犬中等科) 96点/100点 11席/37頭中 ポイント

2012/04/22 (4歳3ヶ月)
JKC第82回2012春季訓練競技大会☆G.T.ch完成、CDⅢ初出陳で表彰台+ポイント!
CD3(家庭犬高等科) 195.4点/200点 4席/12頭中 Mポイント

2012/11/03
JKC第83回2012秋季訓練競技会☆オビⅡ初出陳で合格+3席+ポイント!
オビディエンスⅡ 259点/320点 3席/17頭中 Mポイント 特良合格

2012/12/24
JKC神奈川北スーパードッグトレーナーズクラブ訓練競技会
公開訓練試験大学科(CDX)受験 285点/300点 優合格

2013/03/24
JKC東京ブロック訓練競技会☆選別デビューで表彰台!
臭気選別(自臭の部) 全問正解 5席/9頭中 ポイント
BH受験 44点/60点 合格

2013/12/01
JKC神奈川北スーパードッグトレーナーズクラブ訓練競技会☆高等科で1席!
CD3(家庭犬高等科) 198.4点/200点 1席/6頭中 Mポイント

2014/03/09 (6歳2ヶ月)
JKC北関東ブロック訓練競技会 ☆オビⅢ初出陳で合格+3席+ポイント、オビ・チャン完成!
オビディエンスⅢ 263.5点/320点 3席/14頭中 Mポイント 特良合格

4年間で18回競技会に出陳(or お受験)して、その内の16回がJKCの競技会&公開訓練試験受験。最初の2回はオーママがJKCのスタイルに不慣れだったことが災いして(?!)撃沈したものの、3回目以降、引退までの全ての競技会でポイントゲット、お受験は全て(オビディエンスも含めて)一回で合格という、信じられないくらい安定した戦績を残せました。

“花のCD2”ではパッとした成績は残せなかったけれど(笑)、CD3やオビディエンスでは、まさかの1席、ブルーのロゼットを2回も取って、ママをいっぱい喜ばせてくれたギュスターヴでした。

      ******

ついついオードリーと比較してしまい、暑さに滅法弱いわ、体力ないわ、皮膚炎を悪化させずに練習するには天候&時間帯を選ばなきゃならないわ、練習後のキレイキレイには毎度1時間以上かかるわ、途中からは原因不明の体調不良でろくすっぽ練習できないわ、と、正直、超大型犬の長毛種でドッグスポーツするって、体力と忍耐の限界を試されてるんじゃない?もう止めようか~なんて思ったことも幾度となくありましたが、それを補って余りある素晴らしい経験だったと思います。

最近は、国内でもレオンベルガーが増えてきているようですね。

レオンベルガーとの“わんわんライフ”の楽しみの一つにドッグスポーツを加えてみようかな~という飼い主さんが増えてくれたらいいな~と考えて、ギュスターヴとの競技生活について綴ってみました。

超大型犬は動かない、鈍い、テンション低い、競技会には向かない、なんていう雑音はスルーして、どんどん楽しんでくださいね!

あ、もし訓練競技に出るなら、課目数の多い上級種目が狙い目かもしれません。レオンベルガーって、けっこう集中力が持続するみたいだから、作業時間が長くなるほどに“棚ボタ表彰台”の確率が上がりますぅ~(^^ゞ

レオンベルガー、表現は控え目だけど、ちゃんと主張もするし、ヒトと一緒に作業することに心底喜びを感じてくれる、本当に犬らしい犬で~す。(^_-)-☆

PS:
競技会を引退したギュス&ママ、この先、散歩とお出かけだけじゃやっぱり物足りなくて、Free Style(FS)とまでは行かなくても、色んなポジションでダンスウォークするHeel-walk to music(HTM)を楽しめたらいいな~と、ぼちぼち練習始めてます。(^^♪

「母ちゃんは老後の楽しみ、オイラは足腰の老化防止ってか?」
14052702.jpg


コメント(8) 
共通テーマ:ペット

オーちゃん受難の日々!-デキモノが。。orz [病気]

お題とは全く関係ありませんが・・・^^;

目下、オーギュス号が修理中のため(2月の大雪によるカーポート崩壊でダメージを受けた屋根を直してます!)、我が家、代車生活中です。

14051101.jpg

「犬を乗せられること」というリクエストをしたら、デリカは出してもらえず、最初ステーションワゴン(?)を用意してくれたのですが、ギュスを乗せるスペースが狭いというか、まともに乗れず・・・

「軽でもフロアがフラットになれば構いません」といったら、三菱のミニキャブという軽を出してくれることになったのですけど、いざとなったらスバルのナンチャラという軽、それもレンタカーが用意されてました。

でも2列目を倒してフルフラットにしたら、広さ的にはノープロブレム。ただね、ギュスと一括りはまかりならぬというオードリー婆ちゃんのためにクレートを積んだのですが、かな~りお気に召さないようで、走ってる間中ブーブー(ヒンヒン?)文句垂れております。^^;

そして、乗り心地! 覚悟していたものの、なかなか辛いものが・・・

振動が酷いんです。オーママ、車の振動にすこぶる弱くて酔うんです(教習中に車酔いして、校長先生から辞めるなら残りの学費返します、とまで言われました!) 。

また、馬力がないのは承知の上でしたけど、後部の窓の開閉が手動(レバーをグルグル回すやつね!)なので、気象条件に合わせて開閉したいところですが、そのつど車を停めなければならず、となると閉めっぱなしでエアコンということになり、上り坂がも~大変なんです(常にベタ踏み、みたいな...^^ゞ)。

そんなわけで、本当はぼつぼつ山篭りしたいのですけど、デリカが帰ってくるまでは無理みたい。

お山まで行かずとも、入梅前の爽やかな季節、ちょっとはお出かけしたいのに、それもお預け状態ですが、こないだ、ちょこっと薬師池公園まで出かけました。

駐車場で、偶然ご近所のワン友さんに遭遇、楽しいお散歩になりました。

14051401.jpg

カメラを持参していなかったので、ラウルスママさんから頂戴した画像です。

14051402.jpg

夕方だったんだけど、ちょっと暑かったかな~いつもながら、ギュスだけ横ベロ。^^;

ラウルスママさん、写真ありがとう。

      ******

さて、そろそろ本題に入るとしましょう。

が、今回、傷口の画像が数点ありますので、苦手な方はスルーしてくださいませ。m(_ _)m

続きを読む。。


コメント(4) 
共通テーマ:ペット

“パン屋さん”再開!-HB vs オーブンレンジ?! [クッキング]

新品になったものの今ひとつ具合がよくないHB、いっそ違うメーカーの本格的(?)な機種に乗り換えれば、なんて話も出たんだけれど・・・

元はといえば“捏ね”を機械頼みにしたいということで始まったわけで、発酵や焼成は自作保温器&オーブン使えば済むことなので、当分は今のHBを使っていくことにしました。

でも、これからはHBに任せる部分が減るかもぉ~(^_^;

      ******

といいつつ、“パン屋さん”再開第1弾は、HBにお任せしました。^^ゞ

レシピは、またもやコレ!

14021801.jpg

自分でもしつこいな~と思うんですよ。

でもね、なんとかまともに食せる出来まで頑張ってみたいと思うわけです。

そこで今回は、材料&コースに一工夫してみました。

まずは、これまで国産小麦粉(春よ恋)100%でチャレンジしていたのですが、今回、小麦粉の25%を外産強力粉(=ゴールデンヨット)に置き換えました。

そして、レシピ本のような縦長にすべく、サイズは1.5斤にしました。

更~に、このレシピ、ハード・トースト(ものすご~くザックリ言っちゃうと、食パンの形をしたフランスパン?)なだけに、シロカの取り説のフランスパン風食パンのレシピとかなり近いものがあるため、今回は“フランスパン風コース”で焼くことにしました。

シロカの“パン生地コース”は、捏ね:55分+発酵:1時間ですが、これって、一番ベーシックな“食パンコース”の1次発酵までとほぼ同じなので、国産小麦粉で、しかもハード&リーンな配合の“ハード・トースト”には、発酵に時間をかける“フランスパン風コース”の方が適しているかな~と考えた訳です。

ただね、お任せコースの場合、羽根の穴を回避するために一度取り出す頃合を見逃さないように気を付けていないといけないので、ちょっと面倒かな? ま、おおよその時刻にアラームをセットしておくからいいんですけど。

というわけで、竹内久典さんのレシピでは、国産強力粉 416g とあるのを、春よ恋 312g +ゴールデンヨット 104g に変更、その他は、水 283g を 285gに、パームショートニング 8g を 10gに、それぞれ若干増やしました。

この日は雨で、室温21度・湿度76%。

14043001.jpg

SHB-315は、粉の総量が430gを超えないこと、と注意書きがあるので、416gはほとんどMAXということで、下手すると発酵の途中で蓋が持ち上がっちゃうかも~と心配したのですが・・・

14043002.jpg

調理時間6時間10分(=焼き色“濃い”)の“フランスパン風コース”で、3時間半経過(1次発酵×2回にほぼ匹敵)したところで目一杯になったため取り出し(ちょうどいい感じでした!)、分割してベンチタイム。

14043003.jpg

20分くらい休ませてから成型して、パンケースに戻したのが『出来上がりまで2時間7分』のときでした。

14043004.jpg

ここから1時間ちょっと(2次)発酵を続け、『出来上がりまで1時間』のところで“焼く”に移りました(焼き色を“普通”に設定すると、焼き時間は56分になるはずです)。

14043005.jpg

温度コントロールは順調にいってる様子で、10分くらいまでは膨張、その後落ち着き、30分辺りから色づき始めました。

14043006.jpg

濃い目に設定したので1時間でOKかと思いきや・・・

14043007.jpg

う~ん、濃い目にしては薄い?

もうちょっとパリっとして欲しいかもぉ~というわけで、“焼く”を10分追加することにしました。

14043008.jpg

追加から5分でだいぶ色づいたのですが、結局10分延長しました。

で、これが焼き上がり。

14043009.jpg

けっこう色づいたように見えますが、暗くてフラッシュ焚かれたためです。

明るいところで撮り直したら・・・

14043009b.jpg

やっぱり薄いですぅ~(/_;)

でもこれで限界かと思います。これ以上延長しても、クラストはカリカリではなくガリガリになるだけ、クラムもモチモチではなくシコシコ(?)になって、“煮ても焼いても食えない”パターンになること請け合い。

というわけで、翌朝パン・ナイフをいれると・・・

14043010.jpg

HBが不調だったときの大・失敗作は置いておくとして、新品で“試し焼き”したときと比べると、遥かにまともなシロモノでした。

高さはレシピ本並み? 食感も、やや中途半端ながら取り説のレシピで焼いた“フランスパン風”よりはかなりイケてました。ただ香り&味わいについては、春よ恋100%には及びませんでした。焼成中に漂っていた香りからして100%の時ほどではなかったので、こんなもんだろうな~という感じで、噛み締めたときの旨味も100%よりはずい分と淡白な気がしました。

やっぱり、HBで国産小麦粉100%でハード&リーンな食パンを上手に焼き上げるのは難しいのかもしれません。

それでも、トーストしたら“春よ恋”の香りが立ち上って、美味しく頂けました。(^^♪

これにて、“ハード・トースト”はいったん卒業??

      ******

HBは買い換えないまでも、もっとオーブンを活用したいな~と考えて、ママ、GW前に少々設備投資(笑)しました。

14051102.jpg

一昔前なら、合羽橋まで行かなきゃ揃わなかった道具が、ポチっとクリックするだけで手元に届くんですから、今は昔ですね。(*_*;

買い込んだら、アレもコレも使いたいのが人情ですが、とりあえずは“食パン型”からトライ!

オーママ、自己流でパン作りを始めてから30数年経ちますが、実は、食型というものを使ったことがありません。

大き目のパウンド型で“なんちゃって食パン”を焼いたことはありますけど、ちゃんとした食パン(pain de mie)は未体験。というわけで、今回、初挑戦!

説明書どおりにアルタイトの食型を下ろしましたが、型抜けが上手くいくか心配だったので、蓋付きなのに、今回はとりあえず山型で。^^;

レシピは、オーブン(パナソニックのビストロ)がちゃんと使えるようになりたいので、オーブンの取り説レシピで。

14051301.jpg

材料は全くレシピどおりにしてみましたが、捏ね~1次発酵をHBの“生地コース”に頼るつもりだったため、粉 400g に対してインスタント・ドライ・イースト 6g というのが少々気になりましたけど、エイヤっとHBのパンケースに材料を放り込みました。

14051302.jpg

この日も雨。温湿度ともにまずまずの好条件?

14051303.jpg

そしたら、案の定、むくむくと発酵してくれまして、レシピでは(オーブンの発酵機能)30度で約60分1次発酵(前半)させて、パンチ、さらに30度で30分1次発酵(後半)とありましたが、55分でギブアップ。(>_<)

パンチした後、まとめなおして、今度はボールに入れてオーブンの発酵機能@30度で30分発酵させました。

14051304.jpg

いい感じに発酵したと思います。レシピでは水が 290~300ml で、この日は 295ml にしたのですけど、かな~り軟らかい生地でしたので、分割から成型まで、手粉を多めに使いました。

3分割後ベンチタイム(オーブン@30度で20分)して、成型。

そして、いよいよ“おニュウ”の食型の登場です!

14051305.jpg

ビストロはスチーム機能があるため、ラップなどで保湿する必要がないのはとても便利、このままオーブンへ!

2次発酵は40度で50~60分とのことですが(生地の表面が型から少し出るくらいまで)、この日は50分。

14051306.jpg

室温が25度だったのでオーブン予熱の間は特に保温しなかったのですが、ちょっと萎んだかなぁ?

14051307.jpg

200度まで予熱したオーブンを190度に下げて、3~40分で焼き上げます。また、ビストロのスチーム機能を活かして、焼き始めてすぐに3分間蒸気を入れます。 

ところが焼き始めて10分も経たないうちに、こんなに膨らんじゃって・・・

14051308.jpg

てっぺんに空洞ができるな~と嘆いたものの・・・

14051309.jpg

いかにも「空気が入ってます!」っていう状態は1ヶ所だけで、思ったよりキレイに焼き上がりました。!(^^)!

あ、レシピには艶出しについては何も書いてありませんが、ママの頭の中には某ベーカリーのパン・ド・ミのイメージがあったので、卵液を塗って艶出ししました。焼成時間は30分ジャストでした。

かなり遅い時刻に焼きあがったのですけど、それまでグースカいびきかいてたお犬様たちがやってきましたよ。(^^ゞ

「う~ん、今あげたいところだけど、冷めないときれいにナイフが入らないから明日ね!」
14051401.jpg

翌朝ナイフを入れていたら、ギュスがとってもご執心!

14051402a.jpg

前から見ると、この表情。(^_-)-☆

「貰えるよね?」
「だいじょうぶ。1斤半だから、君たちの分もタップリあるよ!」
14051402b.jpg

例の、一番膨らんだ部分以外は、空洞もなくて、思った以上に pain de mie でした~(*^_^*)

mie(=中身・クラム)を食べるパンですから、クラストはこうでなくっちゃね! うん、やっぱりHBとは一味違う焼き上がりです。食型買って良かった~嬉しいぞぉ!!!

あ、粉はゴールデンヨットですけど、バターに砂糖にスキムミルクと、そこそこリッチな味わいの生地で、伸びがいいのに、しっかり弾力があって、かな~り会心のできでした。(^^)v

14051310.jpg

<オマケ>
14051300a.jpg

これまた、今までマドレーヌ型で代用していたフィナンシェ、今回10個セットがお安かったのでお買い上げ!

さっそく焼いてみました。(なんと、パン・ド・ミと同じ日の昼間!^o^)

焼きムラは、型のせいというよりはオーブンの熱の廻り方かと。この点はまだまだ研究の余地有りですが、お味はマァマァだったかな・・・アールグレイ風味です。

14051300b.jpg


コメント(4) 
共通テーマ:ペット

GW 第3弾、ていうかアフターGW? [お散歩]

前回の記事に、今年のGWの一大イベント(法事!爆)も無事終了、帰りの渋滞を回避するため、5月4日は山荘に戻ったことまで書きました。

それで、予定では5日に休みが終わるオーパパが堺に戻るのに合わせて、オーギュス&ママは東京に帰ってこようと考えていたのですが、5日は高速の上り線で最大の渋滞予想が出ていたため、無理して戻ることないか~ということになり、雨模様だったのでパパだけ乗せて新富士まで送りました。

連休前半は山でもポカポカ陽気でしたが、この日から季節が逆戻りした感じで、朝晩はけっこう寒かったです。

でも、翌6日、肌寒いくらいの陽気の中、オードリーは元気にお散歩。

14050601.jpg

どうやらグランドに行きたいようです。

14050602.jpg

ギュスはあまり気乗りしないみたいでしたが。(笑)

14050603.jpg

実は2日、山荘に到着した後、夕方の散歩でレッティちゃんたちと爆走したとき、ギュス、ボールを追いかけながら2度も転倒、やっぱり本調子じゃないのかも~という感じだったので、この日も歩きだったし、グランドで一休みして帰るつもりが・・・

14050604.jpg

2匹して「遊ぼう、遊ぼう!」ってせがむから、ちょっとだけオモチャでレトリーブしました。^^; 

14050605.jpg

連休中賑やかだったビレッジも、5日・6日でほとんど人気が失せて、7日には静けさが戻りました。

そして、7日もかなり肌寒かったのですが、翌日からいっきに気温が上がる予報だったので、思い切って花の都公園にプチ遠足に出かけました。

14050702a.jpg

例年、今の時期はチューリップがメインですけど、今年は何故か全体の半分ほども植わっていなくて(画像で緑の草の部分も植わってたんですけど...)、種類も少なかったです。そのせいか、連休直後でも結構混んでた去年とは打って変わって人出も少なく、ま、のんびり歩けて犬連れとしては良かったです。

<去年はこのエリアも色取りどりのチューリップで埋め尽くされてたのに...>
14050702b.jpg

富士山が綺麗に見えてました。

14050702c.jpg

記念撮影しようと思ったのに、勝手知ったるオードリーが、ずんずん奥に向かって引っ張っていくので、とりあえずお散歩スタート。(^^ゞ

14050703.jpg

ぐるっと一回りしてからチューリップ畑に戻ってきて、今度こそ記念撮影ヨロシク!(ア~ァ、富士山に雲がかかっちゃったじゃないさぁ~/_;)

14050704a.jpg

もう1枚!(笑顔だから、ま、いいか~^^;)

14050704b.jpg

そして、これまた今年の変更点。チューリップが植わっているエリアはワイヤーで囲われておりまして(鹿除け?)、所々に開口部があって、そこから花の側に行くようになっていました。

14050704c.jpg

お客さんが少なかったので、狭いゲートを通って花の近くまで行きましたけど、もし混んでいたら、オーギュス同伴はちょっと遠慮しとこうか~みたいな雰囲気だったかも。

14050705.jpg

お花が少ない=撮影タイムが短い、というわけで、原っぱでたっぷり散歩もできて、犬たちは結構ご満悦でした。

14050706.jpg

立ち止まって撮影タイムしてると話しかけられ、ついでに他所様のカメラに収まったりと、なんだかんだで1時間以上散策、お花畑は寂しかったけど、それなりに楽しんだのでした。

14050707.jpg

でもね、な~んか物足りなくて・・・

犬カフェでお昼でも食べてから山中湖まで足を伸ばそうと、車を走らせました。

が、お目当ての湖畔のお店は連休明けだからかお休み。コンビニでサンドウィッチなど調達して、山中湖の東端、ぷららまで行ってから、ちょっと遅いお昼になりました。

14050708.jpg

気温は12~3度だったかなぁ・・・ 風もあって、オードリーには少し寒かったかも。ギュスはちょうど良かった?

14050708b.jpg

二人とも少し疲れた表情だったのに、原っぱ見たらテンション上がっちゃって、誰も居なかったから、変わりばんこでちょこっとボール遊びやなんちゃってオビ練をしました。

そしたら、待ってる方が、それぞれ、「オイラも~!」「アタシも~!」って、珍しく吠えまして、ママの雷が落ちました。

14050708c.jpg

妙にテンション上がってしまったので、給水休憩してクールダウン。

14050708d.jpg

少し落ち着いたので、今度は散策に。

14050709a.jpg

ここでもオーちゃん、ずんずん引っ張ります。

が、突如、足が止まりました。

14050709b.jpg

何にロックオンしてるのかな~と目を凝らすと・・・

14050709c.jpg

つがい(?)の白鳥です。

この時期、まだ日本に居るんだ!

14050709d.jpg

オーギュスとも興味津々。近付きたくて大変です。

せっかくなので、白鳥さんをバックに記念写真。

14050709e.jpg

でも、ギュスは白鳥さんが気になるらしい。=.=;

14050709f.jpg

執着して吠えたりすると宜しくないので、早々に切り上げ、野外ステージの方を回ってから車に戻ろうとしたら・・・

14050710a.jpg

白鳥さんたち、場所を移動してました!

14050710b.jpg

サラッと通過して木道に入ろうとしたんだけど・・・

14050710c.jpg

オードリーがタタタっと近寄ってしまい、「それ以上来るな~!」っと白鳥さんに威嚇され、すごすごと戻ってきました。

そんなこんなで、ここでも1時間半くらいお散歩して、プチ遠足終了。

ちょっと肌寒い陽気だったけど、人が少なくて、いつも混んでる上宿周辺も渋滞なしでスイスイ、大満足の一日でした。

そうそう、帰りしな、山中湖では終わっちゃってると思ってた(たぶん)富士桜がまだ満開の木を見つけました。(*^_^*)

14050711.jpg

この後、8日はビレッジでノンビリ過ごし、9日、朝から大掃除&荷作りして、午後2時過ぎに山荘を後にしました。

天気予報では、この日の関東甲信地方、どんどん気温が上がって、昼過ぎから夕方にかけて激しい雷雨といっていたので、降られるのを覚悟で、でも夕立の後、気温が下がることを期待して、この時間帯に出発したのですが・・・

確かに、山も朝から暖かくて、お昼には20度越す勢いでした。

14050901a.jpg

なのに、鳴沢まで下ると15~6度。途中樹海を通り抜けてるときは13度でした。

14050901b.jpg

で、いつどこで雷雲に捕まるのかと思いながら走っていたのですが、談合坂SAに入っても雨の降る気配はなくて・・・

14050902b.jpg

気温は22度くらいだったかな~暑いというほどでもないので、お散歩。

14050902c.jpg

青葉が目にしみるとはこのことか、というくらいに緑がキレイで、ついつい撮影タイム。^^;

14050902d.jpg

犬たちも、気持ち良さそう。

14050902e.jpg

ご機嫌でした。(^^♪

14050902a.jpg

お茶を買いに自販機コーナーに立ち寄ったので、ここでもパチリ。

14050902f.jpg

たっぷりお散歩もできて、GW最後の移動も楽しい時間となりました。

      ******

6時過ぎに家に着いたら、雨が降った形跡はなかったものの、庭に出しっぱなしだった小物が転がっていて、突風がふいたのかも~みたいな。そしたら、都心では、夕方、予報どおりの雷雨で雹も降ったのだとか。どおりで涼しいはずです。我が家的にはラッキーな天気だったかな??

収納が済んだら、夕飯の時間が迫っていたのに、オードリーは布団で爆睡、ギュスは玄関で行き倒れ。元気にしていたけど、久々に連日のお出かけで、やっぱりお疲れだったようです。ゆっくりお休み!

「我が家が一番。。Zzz」
14050903a.jpg

「もう動きたくない。。Zzz」
14050903b.jpg


コメント(6) 
共通テーマ:ペット

GW 第2弾-久しぶりの遠出 [お出かけ]

今年はオーパパが4月29日から連休に入って帰宅。

この日は午後ギュスのシャンプーをしました。そしたらシャンプー&ドライの後、3月の競技会以来一度も起きなかった涎ボタボタが始まり、不整脈も出ているではないですか!

午前中、帰宅したパパが、最初にオードリーだけ連れて散歩に行ってしまったら玄関でしゃっくりしていたので、気分の問題+なんとな~く不調?とは思っていたのですが、その後、散歩も元気だった(オーパパ談)様子だし、気にせずシャンプーしちゃったのですけど、前の週くらいから気温が上がっていたのに、調子良さそうだからと少し動かしすぎて疲れが溜まっていたのかもしれません。

で、ここまでなら休めば大丈夫くらいの雰囲気でしたのに、夕方買い物に出る必要があって、バタバタしてたこともあり、涎受けに顎の下に敷いていたトイレシーツを撤去するのを忘れて出かけちゃったんです。

帰宅したら、はい、きれいに消えておりました。(ギュスの胃袋に収まりました~>_<) 昨年秋に涎騒動が頻発していたとき、スーパーワイドを丸1枚食べてしまって(胃がムカつくと草を食べるのと一緒?草が無いと紙??)大騒ぎしたのに、またまたやってしまいました。学習しない飼い主、猛省です。

今回はワイドサイズ1枚でしたが、たぶんこのせいでしょう、流涎がひどくなりまして、パパが責任感じて(?)夜リビングで添い寝してくれました。そしたら、明け方くらいに涎が鎮まり、6時過ぎに2度嘔吐、食べたシーツの大半が出てきました。

朝ご飯、躊躇したのですけど、こういう時は変に食欲が亢進するようで、普段の1/3くらいやってみました。

特に問題なかったし、かかりつけが休診だったこともあり(行っても効果的な処置があるわけじゃないし...)、一日のんびり過ごさせたところ、午後には脈も正常に戻り、夕飯も少な目ながら普通に食べられたので、ヤレヤレ。

5月1日は、パパは平日でないとできない所用を足すため外出、ママはお出かけ前の大掃除に明け暮れ、犬たちは町内散歩のみで翌日からのお出かけに備えて充電。^^;

そして、5月2日、2月の大雪以来の山荘に向けて出発しました。

実は3日にオーパパの実家で法事があり、オードリーの発病で2年以上ご無沙汰だったママも、今回は出席することになって、オーギュスともども新潟まで出かけることにしたのですが、3日は4連休の初日で高速が激混みするだろうから、前日お山で1泊することにしたのです。

去年のGWは寒くてストーブにかじりついていましたが、今年はお山もポカポカ。過ごし易い陽気でした。(*^_^*)

「あ、談合坂SAね!」
14050201.jpg

「そうそう、休憩よね~♪」
14050202a.jpg

「姉ちゃん、地図が頭に入ってるのかな?」
14050202b.jpg

「パパだけランチに行っちゃったの?狡いぃ~(ー_ー)!!」
14050202c.jpg

「早く戻って来ないかなぁ。。」(バック・ミラーの中の御二人さん!)
14050202d.jpg

さて、5月3日、いよいよ新潟に向けて出発です。

この日も朝からスッキリ晴れ上がり、清々しい陽気でした。

14050301a.jpg

山荘周辺、“富士桜”が満開でした。

14050301b.jpg

「早くおいで~置いてくよ!」
「待ってよぉ~」
14050301c.jpg

東京からだと、圏央~関越~北陸で行きますが、今回は、精進湖ブルーラインで甲府南インターに出て、中央~長野~上信越~北陸というコースでした。

心配したギュスの体調も問題なく、オーちゃんなんて絶好調!

14050302a.jpg

精進湖ブルーラインは渓谷沿いの山間ルート、新緑のグラデーションがすっごく奇麗で、ママ、思わずシャッター切りまくりました。

14050302b.jpg

う~ん、走る車窓からのコンデジ写真じゃ今ひとつ感動が伝わらないか。(腕も悪いしねぇ~ーー;)

だけど性懲りもなく、高速に入ってからは、南ア、北岳、甲斐駒、北アなどなど、遠く輝く雪の峰々をパチリ。

14050302c.jpg

双葉SAあたりからは断続的な渋滞で、東京からだったらどうなっていたことやら・・・

法事の始まる時刻が気になりつつも、お疲れにもかかわらず滅多にハンドルを譲らないオーパパなので、無理やり休憩!

「ふんふん、ここも知ってるぅ~(^^♪」
14050303a.jpg

「諏訪SAだわ!」
14050303b.jpg

ギュスは初めてだけど、オーちゃんは何度も来てるよね。楽しい思い出いっぱいあるんだよね~(^_-)-☆

<諏訪湖をバックにご機嫌なオーちゃん!>
14050303c.jpg

連休でごったがえすSAというわけで、やっぱりギュスの回りは人だかり。そして、記念撮影のリクエストに応えていたら、その中の一家族が「シャッター押しますよ!」って。

滅多にない“家族写真”、嬉しいね!

14050303d.jpg

この後も渋滞は続き、だんだん時間が押してきて、それなのに姨捨で2度目の休憩をして・・・

「ここはアンタも来た事あるわよね?なかったっけ??」
「記憶に御座いません。」
14050304.jpg

3時ちょっと過ぎ、やっとパパの実家に到着。

お坊さんの到着が少し遅れるということで、なんとか間に合いました~^^;

お経の最中はオーギュスは車待機でしたが、そのあとの墓参には同伴。

14050305.jpg

法事一切、無事終了。

お坊さんが帰った後は、久々に集合したオーパパの兄弟&嫁たちでお義父さんを囲んでささやかな宴会。

でもねぇ~パパの親族はあまり犬が得意ではないので、オーギュスは室内NGというか玄関のあがりがまちにブルーシート広げて繋留。

目と鼻の先の座敷で盛り上がる様子をみて、ヒンヒンピーピー「私たちも参加した~い!」って猛アピール。

でも叶うことはなく・・・

オマケに、犬苦手なんだけど気になる面々が玄関出入りするたびにちょっかい出すので、ストレスマックスだったかもぉ~(T_T)

夜は、オーちゃんだけパジャマ着せてパパが部屋に同伴したものだから、今度はギュスの気持ちが収まらず、こちらは朝までまんじりともせずに過ごした模様。(涎や不整脈がでなくてよかった!)

5月4日、渋滞もあるし、お嬢さんたちの予定もあるそうで、都内在住の義弟一家が朝イチで出発。

続いて、我が家も9時過ぎにパパの実家を後にしました。

<前日に続き風が強くて、少々荒れ気味の日本海。この日、この辺りで水の事故が!>
14050401.jpg

急いだ理由は・・・

14050403a.jpg

は~い、妙高高原にいるギュスの同胎、ルネ君ちに寄る為です。

でも、ちょっと早かったから、柏崎で寄り道。

ナントカ(『夢の森』だったかも...)森林公園で朝のお散歩。

といっても、この日もけっこう暑かった。公園は子連れファミリーで賑わっていて、質問攻め&触られまくりで、寝不足疲れのギュス、ちょっと元気ないかもぉ~-_-;

14050402.jpg

北陸道にしては交通量が多かったものの、まだ渋滞はなかったのに、上越jctから妙高高原まではちょっと渋滞。でも、約束していた13時に無事到着。

14050403b.jpg

前回会ったのは1歳になったばかりの頃で、当時はすっごく精悍だったルネも、先月“パパ”になり、そのためなのか、性格が丸くなって、すっかりマイルド(笑)になってました。カワユイ~(*^_^*)

あ、ルネ君は、ギュスの同胎10頭のうち、唯一ショーチャレンジしていて、去年FCIインターナショナル・ビューティー・チャンピオンのタイトルを取りました。最近ルールが変わって、3カ国以上のジャッジの評価を受けないとタイトルが取れなくなったそうで、ショーの事はよく分からないママだけど、とても立派な犬なんですよ~!^o^

来月にはルネ&ティティちゃんのパピーたち(ギュスの甥・姪!)がオーナーさんの元へ巣立っていくそうで、どんな風に育つのか楽しみです。(前回登場したルナちゃんちにも行くらしい...)

14050403c.jpg

ルネ君、パパさんは犬界ではちょっとした有名人(?)で、かつ獣医さん。畑もある広~いお庭に、ドッグランまである、羨ましい環境で暮らしています。

14050403d.jpg

「若くして逝ってしまった兄弟の分まで長生きしようね。また会おうね~!」といっぱいハグして(オーギュス車にしまってからね...^^;)、帰路に就きました。

午後もだいぶいい時間帯にかかっていたので、ヘビーな渋滞覚悟でしたが、思ったほどではなく、日が暮れる前に甲府南ICを下り、この晩も泊まることにしていた山荘に向かったのでした。

14050404.jpg

久しぶりの長旅となるオードリーにくわえて、季節の変わり目で少々体調を崩しかけていたギュスターヴを連れ歩くとあって、出かける間際までオーパパ一人で行ってもらうか散々迷ったのですが、なんとか無事いってこれて、ルネにも会えたし、楽しい二日間でした。

そして何より、オーちゃんがここまで復活したんだ~と実感できた旅でありました。

14050405.jpg


コメント(2) 
共通テーマ:ペット

GW 第1弾-レオンベルガー友だちとチューリップ畑へ! [お出かけ]

更新をサボっているうちに今年のGWも過ぎ去ってしまいました~(+_+)

今さらですが、ボチボチ我が家のGWの出来事をアップしようと思います。

まずは、4月26日の“お出かけ”から。

      ******

連休に入る少し前、ギュスの同胎兄弟シャルモンのママから、「ベルガー友だちと昭和記念公園に行くんだけどギュスもどう?」ってお誘いがありました。

でも昭和記念公園に犬同伴で入園するには“誓約書”なるものを提出しなければならず、承諾事項の中には“ワクチン接種済み”という項目があるのです。ギュスはOKなんですけど、オードリーは自己免疫疾患のため、発症以来ワクチン接種はできなくなりましたので同伴できません。留守番でもいいのだけど、26日はオーパパが帰宅しない週末で、なんかオードリーだけ置いて遊びにいくのも気乗りしなくて、パスするつもりでした。

ところが、この時期、昭和記念公園はチューリップ祭り(?)で週末の昼間は大混雑という情報を得て行き先が変更になり、だったらオードリーも一緒に行ける~(^^♪ ということで、レッツラ・ゴー!

羽村の近くのカフェで待ち合わせ。お昼過ぎに到着すると、既に皆さんお揃いでした。

この日のメンバーは、シャルモン&ママ、だん吉くん&りんごさん、はじめましてのルナちゃん一家、そしてオーギュス&オーママでした。

ランチしたお店にも、かつて“オードリー”というレオンベルガーがいたそうで、お写真など拝見しながら、美味しく、楽しく、お腹を満たした後、車で10分ほどのチューリップ祭り会場へ。

14042601.jpg

住宅街の中、かつては農地であったと思われる一画が見事なチューリップ畑と化していました。

臨時駐車場やら、模擬店やら、しっかり“お祭り会場”でして、お天気のいい週末とあって、かなりの盛況。となれば、デカ犬がゾロゾロ連なって歩いていれば、いつもながらの人だかり&質問攻めで、強い日差しの中で足止めくう犬たちはヘロヘロ~^^;

14042602.jpg

人の切れ間に、記念撮影。

<だん吉・ももちゃん(前列?)・ルナちゃん・シャル・ギュス・オードリー>
14042603.jpg

一渉りチューリップを見て回ったあと、地元住人のルナちゃん家の案内で、祭り会場から徒歩3分(?!)の水辺へ移動。はい、ベルガーs、涼を求めて当然のようにジャボジャボと水の中へ。

14042604.jpg

濡れるとお肌が大変なことになるので、オーママ、必至に踏ん張ってオーギュスを思い留まらせましたです。=.=;

「入るんだってば~!」
「アンタが行ったらギュスも行くでしょ。無理!」
14042605.jpg

ベルガーsは、泳ぎたい訳ではなかったようで、お腹を冷やしてクールダウンしたら気が済んだらしく、すんなり水辺をはなれました。やれやれ。

「あぢぃ~オイラも水に浸かりたかったじぇい!」
14042606.jpg

小休止がてら、またまた集合写真。

14042607.jpg

ここから、川沿いの木陰の中を10分ほど歩くと、なんたら神社の境内に到着。

まずはお参り。

14042608a.jpg

神社の境内だけあって、大木が素敵な木陰を提供してくれてます。

14042608b.jpg

兄弟+飼い主のスリーショット(+αは頭だけのオーちゃん!)。

14042608c.jpg

4月に入って徐々に体調復活、この日も日中夏日で陽射しが燦々と降り注ぐ中、まぁまぁ頑張っていたギュスですが、さすがにヨレてきたので、給水休憩して、再びチューリップ畑に戻ります。

14042609a.jpg

少し人が減っていたので、何枚も写真とってたら、例のごとく1匹抜け・・・2匹抜け・・・最後はやっぱりシャルとギュス。ギュスがシャルのリードを踏んでいたから抜けられなかったんだとか、いや、関係ないだろ~とか、とにかく、この兄弟、座ると動くのが億劫らしい。(^^ゞ

14042609b.jpg

相変わらず、たびたび呼び止められるも、その都度の対応を他の飼い主さんたちにお任せして、辟易としてるオーギュスにカメラを向けるオーママでした。(-.=;

<会場隣接の模擬店エリアにて休憩中>
14042610.jpg

最後にもう一度チューリップ畑を抜けて、駐車場に向かいました。

14042611.jpg

往復80キロ以上の運転、しかも休日に一人で2頭連れてのお出かけ、出かける前は大丈夫かな~と思っていたママだけど、出かけて行けば、お友だちと話も弾み、キレイなお花畑に気持ちいい散策、とても楽しい一日でした。

シャルママ、誘ってくれてありがとう。ルナちゃん一家の皆さん、素敵な場所に案内して頂き、ありがとうございました。そして、お正月に会った時より一回り成長して逞しくなっただん吉くん、また遊ぼう!

「なかなかいい所だったわね~♪」
「次に会うときはBBQらしいよ!(^o^)/」
14042612.jpg


コメント(6) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。