So-net無料ブログ作成
検索選択

挫けっぱなしだぁ~(>_<) [つぶやき]

この2週間、オーママの体調はどん底です。理由は、諸事情により関節炎(??)をコントロールする漢方を休んでいたからだと思うのですが、それにしても、どうにも動けないのです。

特に寝起きの硬直がひどくて、ほぐれるのに2時間くらいかかっていて、その間、なんとか自分と犬の朝ご飯や、犬たちのトイレの始末くらいはチンタラやっているものの、時間だけが過ぎていきます。

以前は、「時間さえあれば何とかなる&時間は作るもの!」というのがモットーでしたが、近頃では、時間があってもどうにもならなかったり、ましてや、時間を作るためにチャッチャと用事を片付けるなんて有り得ない状況です。トホホ。

身体が動かなくてもできることは色々あるはずなんですけど、優先順位の高いことを片付けられないままに、ある意味“ど~でもいい事”に熱中できるかというと、“ねばならない事”が気になってしまい、時間の有効活用ができませ~ん。その辺の割り切りが、若い頃からとっても下手くそなオーママです。

      ******

で、目下の優先順位最上位はというと・・・

ギュスターヴのスキンケアでしょうか。

例年では考えられないほど寒い日が多い4月でしたが、暖かくなると、突然夏日までいっちゃったり、そうでなくても20度を超えて、日中の散歩では(5時起きすれば7時に出れるけど、今からサマータイムも辛いし...)かなり体温が上がるようです。

帰宅後、急いで玄関に入れて、タイルの上でクールダウンさせてから収納するようにしていますが、胸や脇腹など、単発に発生する膿皮症、ちょっと気付くのが遅れるといっきに広がってしまいます。

というわけで、このところは収納後、1~2時間かけて毛を掻き分けながら、抗生剤の軟膏塗りが日課です。そして、薬用シャンプーも5日に1回くらいの間隔でして、動いてる時間の大部分が、犬のお世話という感じです。(先日、近所のワン友さんに愚痴ったら、「いいじゃない、それが唯一の趣味なんだから~」って言われて、ちょっと凹みました。犬の世話、決して趣味ではありませぬ。/_;)

天気の悪い日が多いせいもありますが、“お世話”のための体力温存ということで遠出は避け、もっぱら町内の散歩とトレーニングで済ませています。そしてトレーニングも、グランドコンディションが悪いと、後始末が大変になるので、ついつい端折りがち。

トレーニングを休んで思うのは、普通に散歩するのってなんてラクチンなんだろう、ということ。

トレーニングったって、時間にしたらオーギュスそれぞれと30分ずつくらいなんだけれど、2時間のトレーニング散歩を終えて帰ってくるとくたくたになります。が、歩け歩け散歩だと、2~3時間歩いても、全然平気なんですよね。不思議だぁ~(*_*)

自主練をサボっているので、結果、訓練所も丸2週間休んでいます。

3月の神奈川ブロックの出来がどうにも納得できず、このままギュスターヴとのシーズンを終えるのが嫌で、29日にOPDESのチームテストを受けて今シーズンを締め括るつもりでした。

ギュスターヴ、長い脚側や反転ターンもしっかりできるようになっていたし、距離の長い招呼も、勢いよく走ってこれるようになったのに・・・

先日武蔵丘陵森林公園に行った日、会場になる某訓練所の下見(場所の確認だけですが...)までしたのに、どうにも気合が入らず、締め切りの前日まで迷った挙げ句、申し込むのを止めてしまいました。

本番でけっこう呑まれるタイプらしいギュスターヴのためにも、なるべく場慣れさせたいと思ったのですが、今の状態じゃ、ママの方が思い通りに動けないことで気後れしちゃうかもしれないし、そうするとギュスはますます緊張して失敗するかもしれません。

オードリーにしろ、ギュスターヴにしろ、ママがあれこれくよくよ考えるから、かえって不安になるのでしょうが、そういうハンドラーなので仕方ありません。先ずは、ハンドラーが自信を持てるまで練習してからでないと、本番には臨めません。

そんなこんなで、不本意ながら、ギュスターヴの競技会シーズンは終わるはずでした。

が、先に申し込んでいた連休中のOPDESアジ(5月2日・3日)で、二日目のビギナークラスにエントリーしてまして、出走する予定です。(^^ゞ

ま、オマケですが、楽しく本番慣れ出来ればいいな~と思います。(最近のギュス、オードリーよりもアジ好きかもぉ~(@_@)!!の勢いです。練習@ドッグランでの話ですけどね...)

初日はオードリーのJP1&AG1だけですのでゆっくり出発ですが、二日目、ビギナーは7時開始。しかも今回は秋ヶ瀬より遠い会場なので4時半出発ということで、ママの体調次第なんですが。(連休で帰宅するオーパパの助っ人を頼むことも考え中ですが、オードリーも出るので辛いところですぅ~どうしましょ...=_-;)

それで、なんとしても(?!)復活しなくちゃということで、本日、本来は再来週の予定だったクリニックを受診、漢方薬を処方して頂きました。これでなんとかなるといいんだけれど・・・どうなりますやら。

      ******

あ~ぁ、思いっきり愚痴りましたぁ~(>_<)

これだけじゃあんまりなので、先日の“歩け散歩@小山田緑地”の様子など少々。

「ママと来るの久しぶりね!」
10042102.jpg

しばらくぶりだったから、吊橋で記念撮影!

10042101.jpg

アサザ池でも、はいチ~ズ!

10042103.jpg

ゴルフ場に向って歩いていたら、目の前をアヒルの夫婦(?)が横切りました。

横断するのを待っていたら、この後、1匹が飛び立ち、それに反応して、なんと、オードリー、ギュスを飛び越えて突進しようとしました。リードを握り締めていて良かった。(^^;

10042104.jpg

淡い萌黄色の新緑が丘陵全体を優しく包んでいました。緑のグラデーションがとても心地よくて、思わずシャッターを切ったのですが、色調、取り込めていませんねぇ~オヨヨ。

10042105.jpg

トンボ池から東屋のある広場を抜けて、いつもの“レトリーブ広場”へ。

この日もラッキー♪♪なひと時を過ごせました。

「来た甲斐があったわ!」

10042106a.jpg

「ヒャッホ~イ♪♪♪」

10042106b.jpg

「オイラも遊ぶっ!」
「ダイジョブなの?ベロベロじゃない。帰りも歩くんだよ!」
「平気だい、早く投げて!!」

10042107a.jpg

「ワッセワッセ、ボール遊びは楽しいなぁ~(^^♪」

10042107b.jpg

満足そうなオーギュスを見るに付け、帰宅後のことは考えまいと思うオーママですが、“3時間収納”が待っていると思うと、やっぱりユーウツになるのでありました。

「ドンマイ、ドンマイ!!」

10042108.jpg


コメント(4) 
共通テーマ:ペット

ラクちゃんに会う@武蔵丘陵森林公園 [お出かけ]

う~ん、相変わらず季節がめまぐるしく入れ替わってますねぇ・・・

オーギュス地方、昨日の最高気温が25度。でも今日は日中10度に届くかどうか。

やっぱり、地球、壊れちゃったみたいですね。[あせあせ(飛び散る汗)] 

      ****** 

さてさて、自己管理能力を失った地球(?!)が関東地方に時ならぬ降雪&積雪をもたらした先週土曜、すご~く久しぶりで、ラクちゃん(オードリーと両親が同じで2歳年上)に会いました。

この日は、連休中に行われるOPDESアジの会場がいつもと違うということで、その下見にでかけることにしていたのですが、会場となる運動公園は関越道の東松山ICの近くだそうです。

だったら、“国営武蔵丘陵森林公園”でお散歩しよう・・・

だったら、埼玉在住のラクちゃんに声をかけよう・・・

と勝手に計画をたて、kazumiさん(ラクちゃんの飼い主さん)に連絡すると、運よく時間があるとのことで、久々の再会となりました。

前回会ったのは、確かギュスターヴを迎える前だったはずです。かれこれ3年ぶりくらい?来月9歳になるラクちゃん、変わりないかなぁ・・・

積雪で朝方通行止めになっていた関越も、オーパパが京都から到着した頃には開通していて、10時前に出発。

が、ママとしては下道の状況を知っておきたかったので、高速は使わずに、しかも珍しく“ナビ様”頼みで出かけました。

そしたら、途中から断続的な渋滞にはまり、約束の1時には着けそうになく、会場の下見はパス(近くの交差点のみチェック)する羽目に。おまけに、お腹が空いてきたオーパパはイライラしてブーたれるし、散々な道中でした。

約束に遅れること3~40分で、や~っと公園北口に到着。

土曜の午後なのに、駐車場はガラガラ。5~6台しか停まってなくて、オーパパ、「こんなんなら無料にしてくれればいいのに!」ですって。

犬連れは、注意事項の書かれたメモに目を通し、署名してから入園します。

手続きを済ませ、先に着いたラクちゃんの待つドッグランに向います。

10041701.jpg

あちこちで大騒動を巻き起こした季節はずれの雪でしたが、こちらでは跡形もありませんでした。春の陽射しが差し込み、ぽかぽか陽気。ママは嬉しいけど(^o^)、ギュスはすぐにベロベロ~(>_<)

そして、東京より少し北に位置するからか、まだまだ桜が満開でした。(桜を見るなら南口?)

10041702.jpg

10分足らずでドッグラン・エリアへ。

居ました~ラクちゃん&kazumiさん!犬も飼い主さんも、変わらず元気でした~(*^_^*)

ギュスターヴとは“初めまして”ということで、ちょっぴり犬苦手(オードリーの姉さんですから~^^;)のラクちゃん、どうかな~と少々心配でしたが、ランでフリーだからか、何事も無くすんなりご対面となりました。

ラクちゃんもオードリーも歳に似合わぬ動きで、テンション上げまくっておりました~(^^♪ 若い黒ラブちゃん&ギュスと一緒になって、楽しそうにはしゃぎ回ってました。

最初は水溜りに入らないように気をつけていたのですが、ボールを追いかけ始めたら、もうどうにもなりません。みんなドロドロ~でも楽しそうだから、ま、いいかぁ~!(^^)!

10041703.jpg

アジリティ・エリア(?)もあったけれど、そちらはもっとグチャグチャだったので、大型犬エリアに設置されたアジ遊具で遊びました。

色々あったけど、中でもオーギュスが気に入ったのが、長~いトンネル。

10041704.jpg

普通のトンネル3本分くらいの長さで、最初は途中で戻ってきていたギュス(なんと、中で方向転換。この狭さでも回れるんだ!?)も、オードリーを追いかけて何回かトライするうちに通り抜けられるようになりました。

1歳過ぎたばかりの黒ラブちゃんも、オーギュスのハイ・テンションに誘われて通り抜けると、飼い主さんが、「初めてだわ~♪」って喜んでいらっしゃいました。ランは時々利用されているそうですが、トンネルに入ったことが無かったんだとか。

オーギュスと黒ラブちゃんが楽しげに走り抜けるのを見て、ラクちゃん(けっこう用心深い性格です!)も興味を持ったようですが、この手のモノに手を出したことがないということで、いきなりこの長さはさすがにNG。短めのトンネルにチャレンジしました~(^_-)-☆

10041705.jpg

とにかく、朝までの雪が嘘のような陽射しに、犬たち、間もなくヘロヘロになってしまったので、ランを切り上げ、園内を散策することにしました。

10041706.jpg

駐車場からしてガラガラでしたが、本当に人が居ませんでした。朝のうち天気が悪かったから、たまたま空いていたんでしょうか?週末でしたから、犬連れにとってはラッキーでした~(*^^)v

10041707.jpg

花壇には、近頃はやりの変り種チューリップ初め色とりどりの花々が咲いていて、とっても綺麗でした。

10041708.jpg

ラクちゃん、ギュスを拒否することも無く(笑)、行く先々で記念撮影。

10041709.jpg

が、最後の1枚は、何故か姉さん方、ギュスと並ぶのを拒否!ピンクが一番似合わないギュスターヴ(爆)だけで、「はい、チ~ズ♪」

10041710.jpg

中央口近くの池の畔で休憩していたら、「4時をお知らせ致します。閉園時刻は5時となっておりますので・・・」のアナウンス。北口の駐車場目指して、急ぎました。

10041711.jpg

オーギュス家の到着が遅くなってしまったため、ゆっくりできなかったのは残念でしたが、久しぶりで会ったラクちゃんもkazumiさんもお変わりなく、特にラクちゃんは歳を感じさせない元気さで嬉しかったです。

また会いましょうね~!

10041712.jpg


コメント(4) 
共通テーマ:ペット

地球は大丈夫かぁ~?? [日常]

季節は桜から新緑へと移っているはずなのに、本日も真冬のような寒さのオーギュス地方です。冷たい雨をこれ幸いと、またまた散歩をサボっております。(^^;

昨日、訓練所と獣医さんをハシゴ(?)したギュスターヴは完全休養日ですが(よくこうも終日寝られるもんだ!)、午後から留守番だったオードリー嬢は、これ見よがしに朝から何度もストレッチ、「身体が鈍っちゃうわ~」と不満顔です。

それにしても、日々気温の変動が激しく、陽射しは少ないわ、季節はずれの低温だわで、色々不都合なことが起きているようですが、大丈夫なんでしょうか?

特に農作物への影響が大きいようですね。(野菜が値上がりして、お財布に大打撃ですぅ~[あせあせ(飛び散る汗)]

      ****** 

まぁ、ギュスとしては、今日のような陽気の方が断然過ごしやすいみたいですけどね。(^^ゞ

お陰で、先月全身に広がった膿皮症も一段落して、週1シャンプーと日々のスキンチェック&ケア(=毎日2時間!)でなんとか飲み薬無しの日々を送っていましたが、このところ暖かい日は20度超ということもあって、また痒みが出てきているようで、昨晩は久しぶりに痒み止め(抗ヒスタミン)のお世話になりました。

そうそう、ギュスの薬用シャンプー、これまでは140mlのボトルを数本ずつ購入していましたが、先日、ついに1ガロンの大容量ボトルを購入しました。¥31,500也ぃ~(/_;)

10041100.jpg

週1シャンプー、だいぶ慣れてきたオーママですが、先週末はオードリーも洗ったので、二日くらい疲れが抜けませんでした。なんか、年がら年中お疲れモードの昨今です。

      ******

というわけで、近頃お出かけといえば、獣医さん、訓練所、競技会くらいの我が家ですが(-_=; 汗)、先週、ハンナちゃんと野津田公園にお花見に出かけました。

10040801.jpg

満開を過ぎていたはずですが、散り始めたばかりという感じで、まだまだ綺麗でした。青空の下、花吹雪が舞う中、気持ち良いお散歩ができました。

10040804.jpg

あ、ワンsは花より地面や草むらの芳香(?!)の方に気持ちが惹かれるようでしたけど。(^_^.)

10040802.jpg 

展望台の広場まで上って、毎年写真を撮る場所で、今年はハンナちゃんも一緒に記念撮影。

「ハンナお姉さまの隣で、ボク、緊張しちゃうなぁ~」(by ギュス)
10040803.jpg

最後は、以前は無かった(はず?)菜の花畑の前でスリーショット。

10040805.jpg
(Photo by ハンチーママさん)

ハンナちゃん、ママさん、何度も日程の変更していただいて済みませんでした。楽しいひと時でした。ありがとう。(*^_^*)

      ******

お花見といえば、毎日トレーニングしているグランドにも桜の木が一杯ありまして・・・

先週、春休みが終わって久しぶりに静けさの戻ってきたグランドで、心行くまでお花見練習してきました。(ほぼ毎日行ってるんですけど、カメラ持参は久々でした~^^)

「お花見って何が楽しいの?」
「さぁねぇ~オバチャンにしか理解できないわよ!」
「じゃ姉ちゃんにも分かるんじゃないの?」
「お黙り!!」
10040901.jpg

「さぁさぁ、花見は終了、練習するよっ!」

「アタシはさっきからスタンバイオッケーよ!」
10040902.jpg

「ボクもぉ~♪」
10040903.jpg

めずらしく練習中のムービーなど。 

<ギュスのダンベル持来>

<オードリーの前進>

<ギュスのボール遊び>

「あづいねぇ・・・喉渇いちゃった!」
「はいはい、ただいま水をお持ちしますので、少々お待ち下さいませ。」
10040904.jpg

「お出かけもいいけど、やっぱりグランドが一番かな!」
10040905a.jpg

「日陰があれば最高なんだけど・・・」
10040905b.jpg

近頃、オーギュスの仕草が妙に似てきているような。。

      ******

そして、グランドが使えない土日は、薬師池まで足を伸ばし、ちょっと長目の歩け歩け散歩。

10041101.jpg

桜が終わっても、次から次へと花の季節が続きます。

10041102.jpg

で、日差しの中帰宅すると、日当たり良好すぎてクールダウン場所の無い我が家ということで(現在日陰確保を画策中!そのお話はいずれまた...)、玄関いっぱいに広がるギュスと、迷惑顔のオードリーでした。

10041103.jpg

これにて、オーギュスの近況報告、お終い。(^_-)-☆


コメント(2) 
共通テーマ:ペット

棚ボタの表彰台@OPDESアジ in 秋ヶ瀬 [競技会]

先週末も、前の週に続いての競技会でした。

今回は、オードリーと月例のOPDESアジリテイ大会に参加しました。

3月の大会で、失敗・拒絶ともに1の減点10ながら、初めてAG1を完走できたので、今回も目標は完走でしたが・・・結果やいかに??

いつもどおり細か~いレポートを書きたいところなんですが、今回、コースを思い出せない(=走りも思い出せない!)部分が多々ありまして、OPDESのコース図発表を待っていたものの、なかなかアップされないため、おぼろげな記憶を頼りに、少々曖昧な報告をさせて頂きま~す。(^_^;)

      ******

ことあるごとに愚痴っているように(?)、京都から帰って以来、本当~に体調がすっきりしないオーママ、先週も青息吐息の日々でした。体調悪いとオツムの具合も悪くなるオーママ、イライラで犬たちがとばっちりを受けているのではないかと心配して、土曜日にオーパパが帰宅しました。

そこで、3月末に中学校の外周で運悪く陸上部のピストル音を浴びるほど聞いてしまって以来散歩が大変なオードリーをパパに任せ、ママはギュスターヴとプチ・トレ散歩。

昼からはギュスのシャンプーをしました。パパがタオル・ドライを担当してくれたので、だいぶ楽だったはずなんですが、何故かドライヤーにとても時間がかかり、終了後フィラリア検査などで獣医さんに行くつもりだったのをパスしました。

楽した割には、翌朝、全身だるいし硬直も相変わらず。パパも一緒に行こうかという話も出たけれど、進行が押して終わるのが夕方になると渋滞に巻き込まれ、京都に帰らなければならないパパには時間的にきついかも・・・

欠席も考えたけど、ギュスターヴをパパに頼み、オードリーだけ連れて出かけることにしました。

走るのはいつもと同じくJP1とAG1で、JP1の見分は11時からの予定でしたが、桜が満開になった週末とあって花見客も加わり駐車場が満杯になるといけないし、渋滞も心配だったので、6時出発。

道路は順調で7時半到着。3月より参加者が多いからか、すでに駐車場は半分くらい埋まっていたけれど、いつもの場所(リンクから一番遠い端っこ!)に停められました。

受付、オードリーのご飯と排泄を済ませ、な~んか食欲わかなかったけどママも軽く朝食。

それにしても時間はタップリあるし、まだ花見客も出ていなかったので、お花見散歩をして時間を潰すことにしました。

10040401.jpg

広い秋ヶ瀬公園を全部歩いたわけじゃないけれど、OPアジの開かれる“三つ池エリア”は桜が見事、満開と重なった去年も、大勢の花見客がリンク脇で宴会をしていたので、今年も昼頃にはあちこちで盛り上がることだろうな~なんて思いながら、今年初めてゆっくり桜を愛でながらの散歩となりました。

10040402.jpg

オードリーのテンションも悪くないようでした。

「お花もいいけど・・・」

10040403.jpg

「やっぱりボールよね!」

10040404.jpg

軽くオビ練とボール遊びをした後、徐々にリンクに近付いていくと、途中で拾い物。

10040405.jpg

珍しく、オードリー、お持ち帰りするつもりのようでした。

10040406.jpg

そうも行かないので、記念撮影後、放棄していただきました。(^^ゞ

10040407.jpg

この後、いったん車に戻り休憩。 

しばらく休んだ後、気になってリンクの様子を見にいくと、まだ10時を回ったばかりだったのに、第2リンクは既にノービス2が終わってJP1のコースが出来上がっていました。

ちょっと焦って進行の人に尋ねると、予定より進行が大幅に早かったので、10時半くらいには見分だとか・・・「アナウンスをよく聞いてくださいね!」って言われちゃいました。(でも駐車場じゃ聞こえませんから。ーー;)

そのまま第1リンクのレース(スティープルチェイスだったっかな...)をボケーっと眺めていました。

やがてJP1の見分が始まり、2ヶ所ハンドリングに悩む部分があって(何番ハードルか思い出せない...orz)、作戦を決められないまま見分タイム終了。

難しいというのではないけれど、ジャンピングのコースは、アジに比べて障害の間隔が広めでスピードにのれるコースのことが多く、今回もそういうコースだったと思います。

オードリーの足が止まりがちならいざ知らず、いいテンションで走ったら調子の悪いママでは後手後手に回るのが見えていました。

悩んでも仕方ありません。出たとこ勝負で行くことに決めました。

ラージ・クラスまではだいぶかかりそうだったので、隣の彩の国エリア(?)でやっていたPDの競技会などを見物して時間を潰し、頃合を見計らってリンク・サイドにオードリーを連れて行きました。

テンション、良いじゃない!

10040408.jpg

練習用のハードルで少しウォーミングアップして、出番を待ちます。

出走直前のオードリーは、かつて見たことがないほど気分ノリノリでした!

10040409.jpg

で、コース図がないので記憶が繋がらないため詳細は省きますが・・・

出番前にあんなにノリノリのオードリーは珍しく、とても良いテンションだったのに、スタート地点に着いたとたん、そわそわキョロキョロ落ち着きが無くなり・・・これだからね~ホント、分かりませんわ。

それでもスタートは待てました。

2番ハードルまで離れたところで合図を送り、スタート。2番へのコマンドを出してから3番に向かうと、オードリー、跳ばずにママに付いて来てしまい、2番ハードルの脇をすり抜け、最初の拒絶です。

ここは慎重に戻し、2番を跳ばし、3番もクリア。無事コースに復帰して、トンネルを抜け、ループ(だったと思う)に入ったところ辺りから、ママの足が止まりそうなくらい重くなり・・・

先行するオードリーを大声で呼んで、なんとかオーバーランさせることなく走り続けたのだけれど、本来気持ちよく走れるコースなのに、何度も呼び止められ、次第に集中が切れてきたところでスラローム。

ここは右ハンドリングが順当なんだけれど、自信が無いママは、いい感じでスラに向かっていってたオードリーを思いっきり「Here!」と呼び戻し(有り得ない?!)、無理やり左ハンドリングで入口に向わせました。

が、オードリー、ここで集中がプッツンした模様。1回目は2本目から入り失敗。やり直したものの、今度は3本目を飛ばしてしまい、ここでジャッジの手が上がったけれど、拒絶か失敗か曖昧なサインでした。

アナウンスは「3回目の拒絶で失格です」といっていましたが、時間は残っていたし、3度目のトライでオードリーが持ち直したので、最後まで走りました。ゴール時、やっぱりジャッジの判定が不明だったらしく、「スラの判定は・・・あ、拒絶ですね。次回頑張ってください」というアナウンスがありました。

オードリーのテンションが良かっただけに、本当に情け無い気持ちでいっぱいでした。トホホ。

丁度昼食時だったので、車に戻ってランチ・タイム。

オードリー、相変わらずノリノリです。

10040410.jpg

ところが、昼食後、また軽く散歩に連れ出すと、朝とは打って変わって、リンクサイドには花見客のシートが敷き詰められ、あちこちから漂うBBQの臭い。もうもうと煙が立ち込めていました。

ここからでした、オードリーのテンションがおかしくなったのは!

いったん車に戻し、AG1の見分です。

JP1と比べると障害の間隔が狭く、180度、しかも並列した2台のハードルの間隔がすっごく狭い(と感じた!)ターンがあったり、スラを抜けたところからのトンネルは出口に吸い込まれそうだったり、いくつかトラップがあるものの、1度としては順当なコースでしょう。

このコースをスピードに乗せてパーフェクトランするのは結構大変かもしれませんけど、タイムを気にせず丁寧に走れば、障害の間隔が狭い分、足の遅いオーママでもなんとかなるかもしれないという感じでした。

今回、AG1は見分が2回に分けて行われるほど出走が多く、ラージ・クラスまではずい分待ち時間がありましたが、オードリーのテンションがおかしくなってしまったので、ギリギリまで車待機して、スタンダード・クラスの後半でリンク・サイドに行きました。

JP1の順番待ちのときとは大違い?

10040411.jpg

で、いよいよ出番になりまして、気の進まない(笑)オードリーを促してリンクに入り、スタート地点で座らせると、鼻が伸び、何かを探るような険しい目付き。気持ちはリンクの外へ向いていました。

そこでママも屈んで、「ちゃんと走ろう!しっかりママを見て」と話しかけたら、(嘘のような話ですが本当です!)オードリーの目が落ち着きを取り戻し、しっかりママを見つめました。

そこで、ほぼ直角に設置された1番と2番ハードルの中間に立ってスタートの合図。

さてさて、ここからなんですが、これまた一部記憶が欠落しておりまして・・・(>_<)

でも3番トンネルから4番のハードルを跳んだところで、フロントスイッチして5番のAフレだったと思います。下りのタッチで「ゆっくりだよ、ゆっくり!」と叫び、ちょっと嫌な角度で配置されたハードルのシーケンス(だったと思う)へ。

シーケンスの最後が並列した2台のハードルの180度ターンでしたが、この後がスラで、これまた右ハンドリングでいれれば問題ないものの、やっぱり左で入れたかったので、手前のハードルを跳んだ直後に2台の並列ハードルをトラバースして、2台目のハードルを左ハンドリングで跳ばせるつもりでした。

でも実際は、勢い良く手前のハードルを跳んだオードリーを呼び戻そうと声をかけたポイントがいかにも中途半端で、2台目を跳ばせる立ち位置までママが到達する前にオードリーが戻ってきてしまい、結果、外に押してしまい、2台目のハードル脇をオーバーランして拒絶が付きました。

ここも注意深く戻してコースに復帰。今回はスラロームもすんなり入り(途中で微妙に抜けそうな気配が...)、とにかく慎重に慎重に誘導して無事クリア。

次のトンネルは、出口に吸い込まれないよう、しっかり引きつけ上手く入れることができました。

この後は、シーソー、ソフト・トンネル、ドッグ・ウォークと続き、タイヤでフィニッシュだったと思います。なので、タッチのたびに「ゆっくり、ゆっくりだよ~!」と連呼、アジリティとは思えないくらい、勢いを殺すハンドリングでした。(;一_一)

最後のタイヤだけは、後から思いっきり「タイヤッ!」と押して、オードリーも気持ちよさそうに跳んで、無事ゴール。

アナウンスされたタイムは信じがたい遅さながらギリギリ標準タイムには入ったみたいだし、拒絶1だけの完走だから、前回大会より良い走りだったと思います。

リンクを後にしながら、「(あのテンションから立ち直って?)よく頑張ったよ、オードリー!」って思いっきり褒めてやりました。

あ~今回もJP1はオードリーのテンションに応えてやれなかったなぁ・・・しかもAG1はこれでもかっていうくらいスピードを殺しちゃったし・・・ママの調子が悪いとはいえ、オードリーを気持ちよく走らせてやれなかったなぁ・・・オードリーが頑張ってるのに・・・ゴメン。

少々落ち込みつつ車に戻り、「すぐに帰ればパパがいるうちに家に着けるかも。そしたらギュス独りの留守番もなくなって“まみれ”の心配もないし、急げ!」っと帰り支度。

結果はウェブで見ようと思っていたのだけれど、グリーンブックを返してもらいに行くと、もうAG1の結果が張り出されていたので、一応チェック。

そしたら、えぇ~~~っ!オードリー&ママ、3席じゃないの!!

10040412a.jpg

何かの間違いではと、何度も確かめちゃいました。

はい、タイムは完走8ペア中、ビリから2番目と、予想通りの“のろさ”でしたが、速かったペアに減点が多く、棚からボタ餅で入賞できたのでした。(@_@;)

しかし、オードリー&ママらしいといえば、らしい結果でした。

ちなみにこの日のAG1、優勝ペアもタイムはオードリー&ママとどっこいで、オードリーと同じ2003年産まれの熟年ラブラドールのペアだし、2席は2001年産まれのダルメシアンということで、若いボーダーたちの勢いに、冷静な(?)熟年パワーが勝ったというところでしょうか。(^^♪

で、3席ってことは、キャ~表彰台じゃない!

急いで車に戻り、オードリーを連れて来ると、まもなく表彰式が始まり・・・ラージ・クラスの番になり・・・ママとオードリーの名前がアナウンスされました。

なんか、レースより緊張してたかもしれません。(それにしてはしっかりカメラ準備して、前田さんにシャッターお願いしちゃったりしてますが~^^ゞ)

10040413.jpg

      ******

先日、スクールの記録会でメダルを頂いたとき、「最初で最後・・・」と思ったけれど、こんなにすぐに2度目が、しかも“競技会”で巡ってこようとは、心底ビックリするやら、でも、やっぱり嬉しいやら。

オードリーとのアジリティ競技会への参加は、種目こそアジですが、気持ちとしてはオビの延長、いえ、オビそのもののつもりで取り組むこと4年半、やっと1度を完走できるようになり、当初の目標は達成したと思います。

アジは好きなのに、リンクの雰囲気が嫌いで、なんとかその場から逃れようとするオードリーに対して、オードリーにとっては、“本番”という究極のプレッシャーの中でも、ママが「やる!」って決めたからには最後までしっかりやり切る、ということだけを目標に出続けた競技会。

“アジリティ”の本来の姿(俊敏性を競う?)からは程遠い走りかもしれないけれど、嫌なことからは逃げればいいという信条(!!)のオードリーに、いつか、ママと一緒に一つのことを成し遂げる達成感や喜びを知って欲しくて、参加し続けた競技会。

何度、止めようと思ったことか・・・

何度、失意の中を家路に就いたことか・・・

そして、やっと1度で完走できるようになりつつあります。

諦めずに続けてきて、本当に良かったです。

自分で言うのもなんですが、オードリーとの素敵な思い出を、また一つ積み重ねられたのでした。

そう思ったら、帰りの車の中で、ポロっと涙がこぼれてしまったオーママでした。

そんな気持ちを知ってか知らずか、早起きさせられたオードリー嬢は、深い眠りに落ちていったのでした。

10040415.jpg

思ったほど渋滞もなく、なんとかパパが居る内に帰宅、メダルを見せることができました。(*^^)v

でも、スクールの“スプリング杯”とは違って食べられないメダルに、オードリーは浮かぬ表情でした。

「これ食べれないじゃないさ!お肉の割り増しお願いねっ!!」(by オードリー)
「オイラが貰ってやってもいいけど・・・」(by ギュス)
「ヨダレ付けないでよ!」(by オードリー&ママ)

10040416.jpg 

      ****** 

最後に、今後のアジリティについて。 

オードリー:「で、もう競技会は卒業?」
ママ:「ここまで来たら、パーフェクト・ランしたくない?」
オ:「いいけど・・・でもそしたら2度昇格じゃん。ますます止めないよねぇ~=_=」
マ:「ママの気持ち、読まれてた?」
オ:「何年一緒にやってると思ってるのよ!」

<表彰台から駐車場に向う際のオードリー>(意気揚々?!)
10040414.jpg 

ということで、今年の桜は格別でした。(^_-)-☆

あ、パパ、ギュスのお守り、ありがとう!

10040400.jpg

 


コメント(6) 
共通テーマ:ペット

ランの帰りはお散歩でしょ!@七沢森林公園 [お出かけ]

オーママ、ついに挫けました~本日、お散歩パスしてしまいました。[ふらふら]

だって、朝のうち、というか昼近くまで、昨日に引き続き大風吹いていたし、雨もパラパラ。雨戸開けたのに、犬たちもマッタリしてたから、サボっちゃいました。

で、今朝起きてきたら、久しぶりにギュスのトイレシーツが未使用でした!(明日はどうかな...^^;)

それは良かったのですが(別にお漏らしじゃないんだから夜間トイレ行っても構わないか?)、最近のギュスのお腹は、朝食後に1回目のウンさん、そして散歩で更に1~2回(散歩パスした日は夕飯後に2回目)というのが通常のパターンなのに、今朝は食後に音沙汰無く、お昼のヨーグルトの後も行く気無し。(朝からチッチ1回のみ!)

ママは、午後1~2時間出かける用事があったので気が気ではなかったけれど、仕方ありません。最近の夜間同様に台所方面を“バリケード封鎖”して、フリーのまま出かけました。

2時間足らずで帰宅。

玄関を開けると、普段はゲートのところでヒャッホイヒャッホイ跳ねてお出迎えのギュスが、オードリーに右へ倣えのお座りしてるじゃないですか。

そして、顔は満面の笑みながら、尻尾が微妙にソワソワ感を漂わせておりました。

こういう時は何かしでかしているのですが・・・う、やっぱり・・・臭ってます。

でも、ちゃんとトイレシーツの上でした。偉いよギュス~♪(それって褒めることかい?もう2歳過ぎてるってば!)

かなりの量のチッチの後だったのに、端っこの方に上手に落としてありました。踏んづけた様子はなく、「よくできました~!*^_^*」と言いたいところでしたが、よくよく見れば、ウンさんの一部が欠けているような・・・

そういえば、帰宅時、玄関で口の周りをペロペロ舐め回してたっけ。「やったね!」と口の臭いを嗅ぐと、ハナモゲラ~(>_<) トイレの後片付け(?!)の最中にママが帰って来たというわけだ!

「母ちゃん、もう10分くらい遅く帰ってきてくれたらよかったのに・・・そしたら後片付け完璧だったのにさ。(^_=;)」(by ギュス)

またまたお題とは関係ない前置きで、失礼しました~m(_ _)m

      ******

本題に入りま~す!

一昨日の水曜日、オードリーの誕生日プレゼント(というより週末のOPDESアジの練習?)に、松田のドッグランに出かけました。

11時くらいに着いたら、珍しく大型犬エリアにもアジ・エリアにも先客がいました。

アジ・エリアではMダックスを連れた子供が3人くらいいる家族が遊んでいました(アジをやってるような、やってないような・・・)ので、とりあえず大型犬エリアに行くことにしました。(だってフェンス脇を通りかかっただけで吠え掛かってきてましたから、入ったら大騒ぎでしょ?)

こちらは、柴とシェパードのミックスだという9歳と3歳の女の子たちを連れた中年のご夫婦でしたが、かなり遊んだ後だったのか、皆さんまったりモードでした。

が、やはりオーギュスが入っていくと、過激なお出迎えをしてくれまして、オードリーは飼い主さんの元へ逃げていくわ、ギュスはいつもの通り遊ぼうって誘われてると勘違いして、さらに怒られるわ、落ち着くまでしばらくかかりました。(ギュス、右上瞼に傷がぁ~もっとコントロールしないといけなかったかも...)

その間に、オードリーはランの真ん中に落ちていたラテックスのボールを咥えてきて、見せびらかし始めました。ミックスちゃんたちのオモチャだったようで、年上の子が「返してよ!」ってオードリーのまわりで吠え始めました。

なのでオモチャを取り上げて返すのですが、すぐに落とすものだから、すかさずオードリーがかっさらい、またミックスちゃんが吠えたて、吠え声に刺激されてギュスがヒートアップ、オードリーにちょっかいをだして怒られるの繰り返しで、なんとな~く楽しく遊べない状況になってしまいました。

ランで上手に遊ぶのは難しいですね。

ちなみに、こちらは姉弟のバトル・タイム。

家だと、オードリーが過剰と思えるくらいに「止めなさいよぉ~ガゥガゥガゥ、ワワワンッ!!」て怖いんですが、ランだと逃げ場があるからか、比較的寛容で、適当にあしらってくれるので、ギュス、喜んで追いまわします。最後はオードリーに一喝されて終了。(^_-)-☆

10033101.jpg

さて、ミックス姉妹とはどうも上手く遊べなかったので、思い切って遊びを切り上げ、ランのど真ん中にギュスターヴを休止させ、オードリーとオビ練を始めました。

こういう状況ですから最初にジャーキーをチラつかせてスタートしましたけど、近頃のオードリーは、本当に集中するのが早いです。ミックスちゃんたちが例のオモチャで飼い主さんと遊んでいる横を、しっかりヒールウォークしていました。

ギュスターヴはというと、丁度いいクールダウン・タイムといわんばかりに、でも“ちゃんとした伏せ”(←ここ重要!笑)で、しっかり待てました。

10分ほどで選手交替。

ギュスターヴにとっては試練のオビ・タイムでしたが頑張りました~!^o^!

最近練習を始めたばかりの長い直線の脚側と左反転ターンを練習しましたが、ホーム・グランドの時と同じ集中を見せてくれました。こちらも10分くらいで終了。

その間、ミックスちゃんがオモチャを咥えて走り回り、時には伏せているオードリーの前脚を飛び越えて行ったりもしたのですが、まったく動かないオードリーでした。(最近のオードリー、この手のシチュエーションが結構あるんです!熟年の仲間入りか??)

オーギュス、どちらも“変な興奮”が鎮まったのでアジ練をしたいところでしたが、小型犬エリアで遊んでいたワンちゃんたちまでアジ・エリアに移動して、先ほどのMダックス一家と遊んでいて、ちょっと練習できる状況ではなかったので、しばらくボール遊びをしながら様子を見ました。

じきに小型犬たちがアジ・エリアから撤収したので、アジ練開始。

以前は大型障害もえっちらおっちら運んで、過去のレースのコースを作って練習したのですが、今のオーママではそれは無理。ハードルを色々な角度に並べ替え、タイヤとスラを若干移動するくらいです。

なのでコースというには難があるものの、1度レベルの短いシーケンスを幾つか設定して、最後は、それらを適当に繋げて、1時間ほど練習しました。スラの右ハンドリングを集中的にやったのだけれど、まだ本番で安心して使えるレベルではないようです。(-_-;)

で、オビ練はおとなしく待てるのに、何故かアジ練は待てないギュスターヴをなだめたりすかしたり、時には“アジごっこ”したり(障害飛越の練習の甲斐あって、55cmくらいのハードルを連続して跳ぶようになってきました!)、練習を終えたママは、と~ってもくたびれました。

最後に大型犬エリアでクールダウンを兼ねて少し遊んで、車に戻りました。

10033102.jpg

「あ~今日もよく練習したわ!」

10033103a.jpg

      ******

1時半過ぎくらいにランを後にしたのですが、帰路はいつも下道です。

途中、弘法山か飯山観音にでもよってお花見しようかな~と思ったのですが、周囲の丘陵を見ても、桜が咲いてる気がしなくて、七沢森林公園でお散歩することにしました。

入ってすぐの桜の木、やはり、とっても寂しい咲きっぷりでした。

10033104.jpg

散策路に入ったところで、何かの気配にシンクロ中のオーギュス。

10033105.jpg

野外ステージのところで老夫婦に連れられたトイプーちゃんが走り回っていて、ギュスのスイッチが入りかけましたが、「ヒール!」でやり過ごすことができました。

最近は、脇の下に湿疹が出るのを避けるためにイージー・ウォーク・ハーネスを使用していないため時々焦りますが、早めの対応で何とか切り抜けています。でも、精神的には少々疲れます。(^^ゞ

トイプーちゃんなど目に入らないというように、“何か”の臭いを追うオードリー。

10033106.jpg

七沢の丘で休憩していたら、先ほどのトイプーちゃんがピョコピョコ上がってきました。

10033107.jpg 

後から飼い主さんがリードを手にして登って来ました。

そして、さらに遅れて、奥さんがゆっくりゆっくり登って来ました。足が悪いようで、ステッキに頼っての階段は大変だと思うのですが、ワンちゃんの嬉しそうな姿に引っ張られて登ってきているみたいでした。とても楽しそうな表情されていました。

お二人ともとても犬が好きらしく、ギュスターヴのことを色々訊ねては、「可愛い目をしてるね~」と撫でて下さいました。もちろんオードリーのことも、「この子は優しいねぇ~」って抱きしめてくれました。

「ここ、前に来たっけ?」
「パパと一緒に来たんじゃない。。」

10033108.jpg

階段のアップダウンを繰り返しながら、巡礼峠までやって来ました!

10033109.jpg

オードリーは白山の方に行こうとしてましたが、ギュス連れて往復すると駐車場が閉まっちゃうからパス!

古沢広場は花に包まれていました。

10033110.jpg

降りていこうとしたら、子供たちのはしゃぐ声が聞こえてきたので下らずに、尾根の散歩道を“展望の丘”に向かいました。

「なかなか気持ちいい場所だな~!(^^)!」

10033111.jpg

春休みで散策してる人が多かったのですが、誰もいないところでちょっとだけ臭い嗅ぎタイム。

10033112.jpg

ファミリー広場に下っていくと、またまた小型犬が数匹走り回っていました。先ほどのトイプーちゃんと違って、オーギュスの姿に気付くと、けたたましく吠え始めました。飼い主さんたち、犬を抱き上げて、遠巻きにこちらを見ていましたが、「遊べなくなっちゃったわね~=_=」みたいな雰囲気だったので、こちらは広場の反対側の方で給水休憩。

10033113.jpg

ずいぶん離れていたのだけれど、ワンちゃんたちが吠え止まないからか、小型犬様御一行は去っていきました。追い払うつもりはなかったんだけど・・・

そこで広場の真ん中に移動して記念撮影。

ここでもシンクロして、何かの臭いに熱中のオーギュス。

10033114.jpg

やっとカメラに気付いたみたい。

10033115.jpg

橋を渡り、いつもの石垣(?)でもう一枚。

10033116.jpg

駐車場に戻る前に一休み。

10033117.jpg

最後に、橋をバックにカメラを向けたら、オーギュスとも何故かお耳がペタンコ。ここでもシンクロ!?

10033118.jpg

園内、こぶしは終わりかけてて、木々の新緑にはまだ早かったけれど、あちこちで石楠花が満開でした。

10033100.jpg

そして今回、「蛭に注意」の看板は見かけなかったものの、代わって、「サルに注意」の看板がいっぱいありました。オードリーが追っかけていたのはお猿さん??

10033100b.jpg

1時間半ほどで森林公園を後にしましたが、ドッグ・ランの帰りだというのに、何故にお散歩???(こないだも河津桜見にいったっけ・・・)

車が動き出して程なくギュスターヴが沈んだのは知っていましたが、家に着いて後のハッチを開けたら、こんなことになっておりました。マジでお休み~Zzz.

10033119.jpg

でも、助手席のオードリーはというと、「ママ、さっき野津田公園の桜をチェックしに行こうか迷ってたでしょ?アタシ付き合ってもいいわよ!」って、なかなか降りてくれませんでした。

「もうお終いにして頂けません? ママ、これから2時間以上の収納作業が待ってますので。」
「しょうがないわね、今日はこれまで!」

10033120.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ボケちんギュス、本領発揮?!@神奈川ブロック [競技会]

今日の関東地方、凄まじい南風[台風]が吹き荒れております。(@_@;)

オーママ、子供の頃から“春一番”などの強烈な南風が苦手でして、そういう日に屋外で過ごすと、夜熱が出たりしてました。本日も、かな~り調子悪いです。[バッド(下向き矢印)]

しかしながらこの強風、花散らしというには肝心の花の咲き具合が今ひとつでして・・・ワン友さんと、「近所の公園にお花見散歩でも行く?」なんて話していたのですが、もうちょっと咲いてからにしましょうということで日延べ。正解だったかも。何せ、すんごい風です!

で、予報で気温が上がると言っていたため、張り切って早起きしたはいいけれど、京都から帰ってから、実はず~っと不調のオーママ、今朝は全く動けず、いつも通り9時出発となったのでした。(ごめんよ、ギュス!)

ところが、春休みということでグランドは少年サッカーの試合で使えず、軽く練習と立ち寄った小さな公園で、ボーダー・コリー、イングリッシュ・セッター、フラット・コーテッドの元気印のお友だちワンsに会い、ただでさえベロンチョのギュス、ハッスルして追いかけっこに興じたものだから、帰宅後のびてしまいました。

確かに、ギュスにしたら“暑い日”でしたし、昨日ちょっと遊びすぎた(このお話は次回また...)せいもあるのでしょうが、ついついオードリーと比べてしまうこともあって、「なんでこんなに体力ないんだろう?」と少々心配になるオーママです。

      ******

さてさて、そんなひ弱(?!)なお坊ちゃまギュスターヴと、先週の日曜、2回目となる訓練競技会に出陳してまいりました。

競技会の記録は自分の中できちんと整理できてからアップするようにしているのですが、今度の週末はオードリーとのアジがあるし、延ばし延ばししていると忘れちゃいそうな気もするので、ママ的には少々未消化ですが、アップしちゃいま~す。^^;

で、結果から書くと、案じていたギュスの大ボケが炸裂、思わずうろたえた母、一瞬頭がくらくら、停止位置の印を見失い、ボケに輪をかけたというか、ダブル大ボケで沈みました。[もうやだ~(悲しい顔)]

京都からの移動疲れなのか、競技会の前の週、ギュスターヴも(ママ同様!)体調がイマイチでした。

気温の低い日が続いて皮膚の状態は回復傾向だったのですが、何故か、もう長いこと夜間に排泄なんてしたこと無いのに、水曜、木曜と二日続けて、朝起きてきたらお漏らししてました。

夜間、暑くなったら居場所を変えられるようにケージの扉は開放してあるものの、まるきりフリーも心配なため、3mほどのリードで繋いでいるため、トイレに行かれなかったので、仕方なく部屋でしてしまったのですが、昼間の留守番中などは、我慢の限界になれば吠えるのに、二晩ともヒンとも言いませんでした。

で、3日目からはキッチンには行けないようにバリケード(?)を築いて、繋留するのを止めて自由にトイレに行けるようにしておいたら、朝、トイレシーツが大量のチッコであふれていました。(色や臭いに異常は見られず、日中の排泄行動は普段どおりだったので様子見していますが、今日現在、夜間の排尿は続いています)

他には特に変わった様子はないのですが、とにかく先週はボーっとしてる感じでした。ボーっとしてるのはいつものことと言えなくも無いのですけど(^^ゞ、まぁ“絶好調”で無かったことは確かです。

ですので、ひたすら“暑く”ならないことのみを願って迎えた当日、今の時季としては異例の寒さ、女神はギュスに微笑んだかのようでしたが・・・(ママは、またまた冬支度で着膨れダルマでしたけど!)

前回は、不慣れなママの手違いで、ほぼ最後といってもいいくらい散々待った挙げ句の出番でしたが、思えばこれが会場慣れ(=興奮の沈静)に一役買って、結果、良い方に転んだように思います。

でも、今回はゼッケン順の出陳と聞いていたので、最悪トップバッターもありと、開始1時間前の7時には会場に着くように出かけました。

今回も会場は2月の神奈川訓練士会に同じく、平塚四之宮総合グランドでしたけれど、出陳クラスはCDⅡ(10課目)でした。

予定どおり7時ちょっと前に到着。ところが先生たちと上手く合流できず、先に2頭の朝食&排泄など済ませてしまったのが間違いの始まり?!一段落したら、時計は7時半を回っていました。

そこへO先生から電話が入り、「ギュスターヴ、3番目なのよ!」とのこと。

「アチャ~ご飯、待たせるんだった・・・」と後悔。

とにかくF先生の元へ急ぎ、ゼッケンと審査票(?)を受け取り、車に取って返し、今度はギュスを連れて調整のため再度先生のところへ向かいましたが・・・

ギュスターヴ、かな~り緊張&興奮していました。(WW西湖大会以来の緊張ぶり?)

10032801.jpg

訓練士会の2倍くらいの出陳数だったのでしょうか、訓練競技のみなのに駐車場もびっしりで、ギュスなりに、張り詰めた空気みたいなものを感じ取った様子でした。

それでも、会場を歩かせてみたら、前回ほどは興奮していませんでした。それより、緊張してる感じだったと思います。

F先生と軽く調整を済ませ、ギュスが出陳する2部C班のリンクのそばでスタンバイしたら、すぐに開会のアナウンスがあり、次々とジャッジが紹介され、いよいよ競技開始です。

トップバッターは4歳のゴールデンレトリーバーの男の子だったかな・・・

全く知らないペアなのでどういう経歴かも分かりませんが、ハンドラーさんはかなり緊張している様子でした。見ているオーママがハラハラドキドキ、緊張が乗り移ってきました。(オーママ、出番前に“ヒェ~”な場面を見ると影響される口かも...

トップバッターだもんね、やり難いよね・・・なんて思うのは甘いかしら?

とにかく1番のペアが作業を終え、しばらく待つも、2番目の出陳者が現れません。

そしたら、リンクから結構離れていたにもかかわらず、ジャッジが、「2番が来ないので、良かったらどうぞ!」って声をかけてきました。

別に拒否しても良かったのでしょうね。

でもでも~ママなんだかよく考えもせず、「あ、お願いします・・・」ってリンクに入ってしまいました。

入口で脚側に付け、「やるよ!」って声はかけたけれど、イマイチきちんと心の準備ができていなかったような・・・ギュスは、なんだかオドオドキョロキョロしてましたっけ。

ただ、緊張気味ながら、会場のざわめきで興奮もしていたため、ギュスにしてはテンションが高かったようで、脚側はまぁまぁの速さで歩けて、速歩もほとんど遅れることはありませんでした。

なんたって、杏天ママさんから、「ギュスターヴ、思ったより速いじゃん!」ていうお言葉を頂きましたからねぇ~(^_^;)

しかし気持ちはリンクの外をふわふわ跳びまわっていたようで、最後の最後まで集中しなかったように思います。ポジションはいつも脚側にいるし、目も結構合うんですけど、「そうそう、そうだよ~♪」といえる瞬間がすっごく少なかったです。(/_;)

紐無しでは、ところどころ離れたり、速歩のコーナーで明らかにぶつかっていました。

そして3課目目の招呼はというと、スタート地点からは向こう正面になるフェンス際で、メイビー&ロージーちゃんの飼い主さんたちが観戦されていました。

「お出で!」のコマンドでいかにも中途半端に走り出したギュス、ママに向かってではなく、ママの脇をすり抜けてロージーちゃんの飼い主さんたちに向かっていくような軌道を進んでいるではないですか。

でも、ここがギュスというか、そのまま突っ走らず、途中でママにお伺いをたてるんです!

勿論、「何やってんじゃ~ボケ!」っと目力をこめて心の中で「まっすぐ来るんじゃ!」と一括したら、「ヤバイかもぉ~」って軌道修正してきましたが、前回より若干勢いがあったのが災いして、修正が間に合わず、まっすぐ正面には来れませんでした。(途中、ダイレクトで脚側に来るのかと思ったくらい逸れてましたからねぇ~ーー;)

その場の伏せと立止は、こんなもん?

そして6課目目からは、本番初チャレンジの行進中の作業です。

規定課目の常歩行進中の伏臥、停座と続き、その後、自由課目として今回は常歩行進中の立止を持ってきていました。

練習の経緯からして、停座が伏臥になったり、立止が停座になる心配はあっても、伏臥は失敗したことがなく、ほとんど気にすることなくスタートし、「ダウン!」と言い捨てて、スタスタ進んでいったところ、なんだか静かです。

伏せる気配どころか、動きが感じられません。

思わずチラ見すると、しっかり立ってるではありませんか!

まるで行進中の立止を行ったかのように、微動だせずに立ってましたよ。

行進中の作業3課目の中で、一番失敗の不安が大きかったのが“立止”だったのに、なんでここで立つかなぁ~(*_*;ってなもんです。

ママ、思わず動揺したようで、本来進むべき地点まで到達する前(コーナーの辺り?)で一度止まってしっかり向き直ってしまいました。ジャッジに「違いますよ~」っていわれて我に返り、再度先に進んだものの、今度はラインが見当たらず、なんだか行ったり来たりしちゃいました。(これも減点ですよね... /_;)

やっと紐をみつけて立ち止まり、ジャッジの指示でギュスの元に戻り、やはり指示で停座させてからスタートに戻りました。恥ずかしい。

ここで普段なら少し間合いを取るところなんですが、今回のジャッジ、とても進行のテンポが速くて、矢継ぎ早にキューを出してきました。

別にマイペースで進めればいいし、いつもなら絶対人のペースで動くママではないのに、やっぱり出陳順からしてこの日は“自分”を失っていたのでしょう。ジャッジの指示でバタバタと動いてしまうママでした。

相変わらずギュスターヴの心はお留守でしたが、それでもこの後の作業は無難にこなしたと思います。脚側もちゃんと付いていたし、停座も立止も問題なかったと思います。帰りの脚側や基本姿勢も、“形としては”しっかり決まっていました。

でも気持ちがねぇ・・・

それが出たのは9課目目の据座。この時はちゃんとママを見ていたのですが、25秒くらい経過したところで、左前足が一瞬浮きました。動き出す気配ではありませんでしたが、なぜか足を浮かせたのです。目が合っていたので、「うん?もうちょっとだよ!」みたいな視線を送ると、また元に戻りましたが、引かれたでしょう。

最後の、遠隔での停座から伏臥は、できの良い時に比べたら遅かったけれど、まぁギュスとしては並みの出来でした。

競技終了後の講評はというと、今回も無いに等しいというか・・・頑張ったと思いますよ。よくやってましたよ。行進中の伏臥が伏せなかったからねぇ~また出てください!、ですって。

う~ん、もうちょっと“有意義”なコメント頂けませんかね??

というわけで、とうとうやっちまいました、本番での大ボケ!

結果は、規定課目65.1点、自由課目28.5点、合計93.6点でした。(この点数を見て思い浮かんだのは、「訓練士会、初出陳で98点だったオードリーって結構すごいかもぉ~」っていうこと。あ~なんてオメデタイ親バカ飼い主なんでしょう!^^ゞ)

10032802.jpg

脱走は無いだろうけれど、コマンドの聞き漏らしや聞き間違いは有り得るなぁ~と思っていながら、“All or nothing”のオードリーとは違って、30%くらいの集中でもなんとか作業をクリアしてしまうギュスターヴを許してきたツケが、本番で回ってきたのでした。

言い訳をすれば色々あります。

競技会前に、練習不足になったり移動の疲れで体調不良になると承知で2週間も京都に行ったり、東京に戻ってからも、雨を言い訳にほとんど練習しなかったり、ママ自身が体調不良で思うように動けないイライラから気持ちがピリピリして、犬たちを萎縮させてしまったり。

けれども、何といっても、常日頃からギュスターヴには結構甘く接してきたのが最大の理由のように思えます。

今回だって、後から目録を見ながら、アマチュアのCDⅡには2008年産まれは少ないよねぇ・・・各班とも1頭しかいないよ・・・プロのCDⅡは2008年どころか2009年産まれも大勢頑張ってるけど、アマ指導手のママとやってきたギュス、出し急ぎすぎたのかもぉ・・・なんてピントのボケたこと考えてるし。

日常、自己主張が控え目で、あまり問題もないので、ギュスターヴに対してついつい緩~くなってしまっているのは分かっているんですけど、なかなか変われないのです。ホント、オードリーへの厳しさに比べたら、呆れるくらい甘いです。

でも、「10ワン10色ですもの、ギュスはギュスよね」っていう感じ? どうしましょう・・・

O先生には、「初めての10課目でこれだけできたら上出来。しかも朝イチだったのだから、褒めてあげていいですよ!」っていわれたのだけれど、思わず、「今晩はご飯抜きです!」(もちろん冗談ですが...^^)なんて叫んでしまいました。

でもね、言葉とは裏腹に、「今日は失敗しちゃったけど、ギュス、本当はちゃんとできるんだよね~次はきっと上手にできるから大丈夫だよぉ~(^^♪」なんて呟いている、チョー親バカ状態のオーママでした。

次回出陳はたぶん来季になると思いますので、それまでにはもうちょっとギュスに対して冷静に接するママにならないといけませんね。それが一番の課題かも・・・で、次が、ギュス&ママ共に競技会の雰囲気に飲まれず集中できる精神力かな。(^_-)-☆

頑張りま~す!

おわり。

      ******

今回、とってもたくさんのお友だちと出会ったのですが(ゆうさん、おふみさん、グウエルママさん、ななちゃん御一家、杏仁&天真ちゃんママさん、お会いできて、たくさんお話もできて、とても楽しかったです!)、写真はメイビー&ロージーちゃんたちとの1枚だけでした。(ギュスは冴えない表情だし、付き添いオードリーも何故か仏頂面ですが...=_=;)

10032803.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る