So-net無料ブログ作成

軟着陸 [つぶやき]

2016年のカレンダーも最後の1枚になりました。だからどうした?という感じもなくはありませんが。。^^;

そして、今年もこの季節。

16113001.jpg

はい、シュトーレンです。今年はレシピをドラスティックに変更、マジパン入れて、お菓子寄りに仕上げてみました。これまではどちらかというとパン寄りでしたのでドキドキでしたが、予想以上にイケてました。!(^^)!

先週末に焼いて、寝かす事三日、昨日はギュスの初めての月命日だったから、お供えしました。

16113002.jpg

そしたら、すかさず婆ちゃんハイエナがやってきて、狙ってました。

16113003.jpg

昼間2時間ばかり留守番してもらったので気が気ではありませんでしたが、無事でした。ホッ。

いえ、食べたっていいんですよ。実際、切り分けたときにしっかりお裾分けしてますから。でも今年は漬け込みフルーツは手抜きして出来合いのものを使ったのでレーズンがけっこう入ってまして、全部食べちゃうとどうなのかな~と。オードリー、ブドウでどうにかなったことはありませんけど、一応気にしてます。(^^ゞ

      ******

11月はオードリーの "立てなくなっちゃった騒動" があって、なんだかあっという間に過ぎてしまいましたが、そんな日々でも何故か読書する時間は捻出できまして、中でも、ギュスが寝たきりになったころにポチっとして、その後放置してた『サイレント・ブレス』という小説を読み、ちょっと紹介したくなりました。

サイレント・ブレス【電子書籍】[ 南杏子 ]

サイレント・ブレス【電子書籍】[ 南杏子 ]

      ******

ざっくり書いちゃうと、大学病院でバリバリ働いてた中堅どころの女医さんが、或る日突然在宅訪問診療専門の系列クリニックの医師として出向を命じられ、医師・看護士・事務スタッフ各1名の施設でターミナルケアに従事することになり、人として医者として成長していく的な、展開の読める作品というか、文芸作品としてとりわけ異彩を放つ類ではないと思いますけど、ギュスを看取った直後ということで、タイミングとしてドンピシャだったのかな~けっこうツボでした。

ブレス1からブレス6までの連続するけれどそれぞれが完結した六つのストーリーにプロローグとエピローグの着いた構成ですが、そのうちのブレス5ででてきた “軟着陸” という表現が、「そう、これよこれ!私が看取りに求めるものは。」みたいなハマり方でした。

ブレス5では “軟着陸” と明記していますが、作者がこの作品を通して模索し続けた看取りの理想もここにあるのではないかな~と強く感じたのでした。

そして、家族として共に暮らした動物を見送ったのはギュスが最初だけれど、これまでの人生で身近な人々を何人も見送り、彼らとの最後の時間にも深く関わった経験から、自分なりに命をどう終いたいかという方向のようなものは見えてきている昨今、ギュスが骨肉腫と宣告されてからの時間は、まさに自身が終焉に向かうときにはこうありたいと思えるような時間だったと感じるのです。

生きている間に、あ~すれば良かった、こ~してやれば良かった、そんな思いは次から次に溢れてくるけれど、病と向き合うという一点については、今現在の自分ができる最善の選択、悔いのない選択ができたのだと納得するのに力を貸してくれた、そんな作品でした。

      ******

鼻炎なのか、鼻水ポタポタ、時にふがふがとマズルをこすりながら息苦しそうに眠るオードリーですけど、今日はサイレントな息遣いで気持ちよさそうにお昼寝してました。(^^♪

16120101.jpg


コメント(2) 
共通テーマ:ペット

コメント 2

前田朋

おはようございます。
またまた美味しそうなシュトーレンをアップして! 私、昨日、買っちゃいました。作りたいけれど、うーん、無理。買っちゃおーと、毎年、買ってます。
オーちゃん、ギュスは幸せ者だわー。でも、わたしならお留守番中に、頂いちゃうな、絶対。

ご紹介されていた小説、読んでみたくなりました。

師走、バタバタですけれど、楽しみましょうね。
by 前田朋 (2016-12-02 07:33) 

ジャンニスキッキ

> 前田朋さん、
シュトーレンもって京都行こうかな。。
オーちゃん、お皿に被せたラップをベロと鼻を使って剥がすから、
要注意。裏をしっかり留めておいたらセーフでした。^^;

サイレント・ブレスという題名に吸い寄せられたのかもしれません。
読み易い文体です。でもね、小説はやっぱり紙がいいなぁ。。
装丁やレイアウト、手にとった感触、そんなのものも含めて本だと
思うのは時代に乗り遅れてるオバサンの戯言??

by ジャンニスキッキ (2016-12-03 18:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。