So-net無料ブログ作成

年末年始のオーギュス [お出かけ]

今年のお正月は穏やかなお天気に恵まれたばかりか、春先のようなポカポカ陽気、お散歩日和・お出かけ日和が続いたので、遠出はなかったけれど、近場で初詣したり、ワン友さんたちと会ったり、楽しい時間を過ごせました。

でも大晦日はオードリーの術後2ヶ月検診、新年二日にはギュスの精密検査でJARMeC受診と、病院通いも有りましたけどね。(^^ゞ

大晦日、早目に病院済ませて午後はお掃除のつもりが、診療開始時刻に合わせて出かけたのに既に駐車場は万杯、空き待ちしてる車も3台いたため出直すことにして、野津田公園へ向かいました。

ギュスはパパと留守番していたので、久しぶりにオーちゃんとゆっくりお散歩といいたいところですが、12月中旬くらいからなんとな~く体調下降気味、この日は検査のために朝ご飯抜いてたこともあって、控え目の散歩で切り上げないとね~なんて考えていたのが伝わったのか・・・

すっかり自分でコースを決めて、ママを引っ張るオードリーでした。

15123101.jpg

足を止めて散々臭いを嗅いでいたかと思えば、いきなり走るようにぐいぐいママを引っ張って展望台へ向かい、途中ママが、「そんなに急ぐと疲れるよ~」って立ち止まると、ご不満なのか、この表情!

15123102a.jpg

「そんなに心配しなくてもダイジョブよ!」
15123102b.jpg

展望台で一休みして、(階段の無い)来た道を戻ろうとしたのに、何としてもかつてと同じ順路(階段を下ります)から戻るといって譲らず、どんどん階段を下り始めました。でも、後足が覚束ない感じだったので、途中から抱っこで下り、ママの方が膝がくがく。

広場に下りついたら、今度は水辺に走っていって飛び込もうとするし・・・

15123103.jpg

なんとかなだめすかして車に戻り病院に向かったのでした。(病院のお話は別途アップします)

      ******

明けて、2016年1月1日、例年は日向薬師に初詣する我が家ですけど、2日が検査ということもあり、家の近くのお薬師さんに詣でました。はい、薬師池公園のお薬師さんです。^o^

リス園の駐車場に停めて歩き出したんだけど、なんだかギュスの歩様が危なっかしくて、う~ん歩き回らないほうがいいのかな~と、「ママと帰る?」って聞いたら、ギュス自身ユーターンして歩き出したので、パパに「代表してオーちゃんとお参りしてきて!」って見送り、ママはギュスと車に戻ろうとしたら・・・

16010101a.jpg

オードリーがいくなら自分も行くって、後を追うギュスでした。

16010101b.jpg

階段は避けたいので、お薬師さんに下る裏門をスルーして、公園外周を回って鐘楼の方から境内に入りました。

<お参り中のオーパパを待つオーギュス>
16010102a.jpg

「どうか引き続きオーギュス家一同のことを見守ってください!」ってお参りしたのでした。

16010102b.jpg

この後公園に降りて駐車場に戻ろうとしていたとき、町内で会うたびに吠え掛かってくるバーニーズの男の子とバッタリ。これまでギュスから挑発したことは一度もなくて、でもあまりにも近くで興奮して吠えてくるようだと「ウゥゥっ!」と受けて立つ事が何回かあったかな~だったのに、なんと、この時は20mくらいの距離があったにもかかわらず、ギュスがウォンウォンと吠えながら突撃。ママ、バランスを崩してギュスひっくり返ったりしたらマズイよな~なんてチェックを躊躇ったものだから、引き摺られて至近距離まで接近。相手も気付いて向かってきたため、あわや!という状況になったものの、あちらのお父さんもこれまでのいきさつからサラッとかわしてくれて、寸前でなんとかバトル回避。

やっぱり体調不良で自信がないんですかねぇ~自ら喧嘩吹っかけるなんてこと、今まで一度も無かったギュスなんだけど、気をつけなくちゃね。

歩き出しは足の状態が悪化したのかと思ったけど、歩いているうちに普通に戻り、最後は猛ダッシュ、それでもびっこ引いたり、足を引きずることなく駐車場まで戻れたので、ホッとしたママでした。

で、帰宅後、翌日の検査に備えて散髪しました。エコーや心電図のときって、毛が邪魔だから刈らせてくださいと云われることがあって、でも病院スタッフに任せると、刈った後、間違いなく皮膚炎になってしまうので、前もって刈ることにしてます。^^;

16010103.jpg

      ******

翌二日、お腹も刈って、しっかり絶食して、薬(鎮痛剤!)も控えて、いざ精密検査と意気込んで出かけたのですが・・・

家から出た時に一度カクっとしたものの、その後はまったく歩様に問題なくて、診察中にいじくり回されても何も反応なし、好きにしていいといわれた診察室の中を物珍しそうに歩き回り、しまいに奥へ続く引き戸を鼻で開けて先生たちを慌てさせ、外から見ただけじゃ骨肉腫を病んでるなんて全然分からない感じ?

で、検査の説明を聞けば、骨に穴を開けて腫瘍細胞を採取するのだけれど、確実に採取できるかわからないし採れても確実に診断できるだけの組織が採れないことも多々(=採れるまで何度か針を刺す!オードリーのときも、ギュスのシコリのときも、経験済み)、オマケにセンター併設と聞いていた病理検査のラボは年末年始は休んでいるから結果が出るのは10日頃になると。

更に、何回も穴を開ける事で痛みが出て、現状普通に歩けているのが歩けなくなったり、(無いとは思うけど)最悪骨が弱って骨折なんてことも・・・という話をきいたところで、検査止めようか~みたいな。^^;(この件についても、別途アップするつもりなので、詳細はいずれまた)

というわけで、「かかりつけと再度相談されてみてもいいですよ~」というので「そうします!」とセンターを後にしました。

でもって、前々から「久しぶりで会おうよ!」と計画していたお友だちワンコさんたちとのお散歩会に合流することにして、北八朔公園に向かったのでした。

16010201.jpg

集まったのは、オードリーが若い頃からのハイキング仲間。リーダー的存在だったラブのソウルは2年前にお星様になり、現在は2代目の黒ラブのダッキー、カニンヘンダックスのクー&チー、ボストンテリアのまる&はな、そしてオーギュス。代替わりしたダッキーと新参者のギュスは置くとして、オードリーと同世代なので皆二桁、すっかりシニアなまったりワンsになったけど、女子2匹(オードリーとはなちゃん)だけはまだまだ賑やかにしてました~(^^)

16010202.jpg

コンビニ調達のランチを広げて、陽射したっぷりの昼下がり、積もる話に花が咲き、ワンコたちは、ポカポカ陽気だったこともあり気持ち良さそうにまどろんでおりました。(*^_^*)

締めの集合写真は、なぜかクー&チーが入ってなくて・・・m(_ _)m

16010203.jpg

このメンバーで、本当によく出かけたよね。山へ、水辺へ、雪野原へ!そして、本当にいっぱい遊んだんだよね。ワンコの時間の進む速さを思わずにはいられません。また会えるかな? 会いたいね。

      ******

そして、昨日は、都内に住むギュスの同胎兄弟たちが病気のことを聞きつけて、集まってくれました。

お正月休みとあって、それぞれ予定のある中、なんとか調整して、夕方5時半に神代植物公園の駐車場に集合。

16010301.jpg

ランもあるし、深大寺に初詣だって行けるのに、今回はギュスの足のことを気遣ってくれて、駐車場でご挨拶するに留めよう、って。みんな、ありがとうね!

そして、去年11月、ギュスと同じ病気で一足先に旅立っていったシャルモンのパパさん&ママさん、まだまだ思い出すのが辛いところなのに、色々話していただけて感謝です。これからのギュスとの時間に役立てていこうと思います。

16010302.jpg

でね、駐車場で顔見たら解散といってたんだけど、そこへご近所でドッグカフェを営むと言う方が出現。もうお店を閉める時間だったのに「よかったらどうぞ~」って言ってくださったので、ドドドーっと押しかけて、コーヒーとシフォンケーキなど頂いて、冷えた身体を暖めながら楽しいひと時を過ごしました。

「また会おうね!」は言えなかったけど、元気なうちに会ってもらえてよかった。ローザ、空牙、ありがとう。そして、この日の計画をしてくれたシャルモンのママ、本当にありがとうございました。

<左から、空牙・ローザ・ギュス>
16010303.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:ペット

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。