So-net無料ブログ作成

新春ハイク~♪ [アウトドア]

今年はカレンダーの都合で7日が仕事始めとなったオーパパ、暮れの29日から新年6日まで8泊9日の自宅滞在だった。お陰で、オードリーとの楽しい時間をた~っぷり堪能したわけだが、オードリーの体調がイマイチだったため、あまりハードなイベントは無かった。

      ******

そんな中、ワン友のkaoさんと愛犬ソールを誘って、4日に軽いハイキングに出かけた。当初、道志の御正体山を考えていたのだけど、諸事情により、直前になって、同じ道志エリアではあるが、歩行時間が半分くらいの石割山に変更となった。

コースは、平野側の登山口から平尾平を経て石割山に登り、石割神社経由で登山口に戻るという、一番ポピュラーなコースを逆から歩くというものだった。

10時ちょっと前に登山口の駐車場に着くと、ソールとkaoさんは既に到着していた。ズックでも行けなくはないだろうけど、霜解けでグチャグチャかもしれないからと、軽登山靴に履き替えて、10時35分スタート。

のっけからオードリーはめちゃめちゃハイ・テンション!元日の初詣+散策ではスタミナ不足を感じていたのだが、オェP~が一段落して前日から通常食に戻ったお陰か、はたまたパパという下僕(?)を得たお陰か、とにかく異常なくらいのはしゃぎっぷりだった。

後から思えば、ここでしっかり気持ちを引き締めるべきだったのだ。しかし、逆コースということや、お目付け役(?)ソールと一緒だということで、少々ママの気持ちが緩んでいた。歩き始めて15分くらいのところでやってしまった~(-_-;)

そう、下ってきた若いカップルに、オードリーが飛びついてしまったのだ!(*_*;

kaoさんとソールが先行し、少し後ろを行くママとの間をオードリーが行ったり来たりするといういつものパターンを想定してオフ・リードにしていたのだけど、この日のオードリーは歯止めがかからないほどにハイだったのだ。

ママ(とパパ)の元からkaoさん目掛けて走っていったオードリーだったが、kaoさんとすれ違ってこちらに向ってきていたカップルともろに遭遇したオードリー、喜び勇んでハイ・タッチしてしまった。

「オードリー、Come!」と叫ぶと戻っては来たけど、時既に遅かった。幸い若い方で、犬も嫌いではなかったらしく、謝ると、「大丈夫ですよ~」と軽く流してくれたので事なきを得たけれど、これが年配の方でオードリーの飛びつきによろけてしまったり、犬嫌いの人だったらと思うと、ヤレヤレでは済まされない。

アァ~久しぶりの大失態! 大反省。 <m(_ _)m>

さて、ここからは心を入れ替えて(?)、オードリーをロングリードにし、人影が見えたら、即、手繰り寄せるという方式で歩くことにする。

初っ端のアクシデントで意気消沈のママだったが、このコース、終始富士山を間近に眺めながらの絶景コース。しかも冬晴れの真っ青な空が背景とあって、徐々に気持ちがほぐれてきた。

平尾平に向う道は、見通しの良い気持ちいい尾根道で、のんびり写真を撮りながら歩く。

平尾平には1グループが休憩していただけだったので、富士山をバックに思う存分撮影タイム。

眼前の富士山はもとより・・・

遠くには、雪を頂いた南アルプスの峰々が白く輝いていて、最高っ! (^o^)V

平尾平から、いったん石割山への分岐まで戻り、最後の登りにかかる。

山頂から降りてきたハイカーたちと次々すれ違うが、その度に、ソールは、「おとなしいねぇ~」とか、「自分の荷物を背負って偉いねぇ~」とか褒められるのだが、オードリーはというと・・・

「先に行った小さいのはまだ子供かねぇ~」「遊びたい盛りなんだねぇ~」「ほらほら、あんなに元気よ!」「大人になれば大きい方の犬みたいに大人しくなるんじゃない?」等など。

もうじき5歳です、とは言い出せない飼い主であった。(^_^.)

平尾平からゆっくり歩いても30分足らずで石割山山頂。れまた、絶好の富士見ポイントである。

しかし、山頂は霜柱が解けてグチョグチョ。

丁度お昼だったけれど、腰を下ろす場所がないので、十二曲がりの側に1~2分下った鉄塔の下の乾いた場所でランチ・タイム!

ここでも、ソールとオードリーの対照的な姿が・・・

「アタシ、このところまともに食べてなかったから、お腹空いてんのよ~何かチョーダイっ!」

「母さん、お食事終わったら、僕のことも思い出してくださいね。。」

1月とは思えないような麗らかな陽射しの下、ゆっくりとランチ・タイムを楽しんだ後、石割神社に向けて下り始める。

道はところどころ急で、ちょっとぬかるんでいたけれど、滑って転ぶようなこともなく、ほどなく神社に到着。ご神体(?)の割れ目のある平たい大岩には太いしめ飾りが施されている。

この大岩、裏の山肌(?)との間に隙間があるのだけれど、これを通過して、岩を3周するとご利益があるそうな・・・オードリー、健康回復を祈願して、パパと2周、ママと1周、計3周したのだった。

神社からは緩やかに下り、最後は登山口に向けて、長~い階段。赤い鳥居をくぐってフィニッシュ。(順コース(?)だとスタートが長い階段登りになるのね・・・考えられないわ!)

最後の記念撮影は・・・やっぱりこらえきれないオードリーだった。(ーー;)

13時半には駐車場に戻っていたので、休憩込みで3時間ほどの軽いハイキングだったけど、天気に恵まれ、富士山を満喫できて、新年にふさわしい、良いコースだった。(“飛び付き事件”さえなければもっと良かった。。)

      ******

駐車場でkaoさん&ソールと別れ、道志道経由で家路に就いたのだけど、ここでオーパパ、「宮ヶ瀬に寄っていこう!」と言い出す。「もうイルミは終わってるよ~」とママ。「うんにゃ、ボルダーエリアで遊ぶんだい!」とパパ。というわけで、鳥居原園地で小一時間遊んだオー家だった。

「登れっ!」(by パパ)
「ちょっと厳しいかも・・・」(by オー)

「高いとこは気分いいわ~♪」

元日の初詣&散策では帰りの車で爆睡、翌日もお疲れモードのオードリーだったが、この日は、帰りの車中、わりと元気だった。そして翌日も特に疲れは見せず、薬を飲まなくても吐く様子がなくなった。今回のオェP~騒動はひとまず終息に向っているようだ。石割神社のご利益か??霊験あらたか、アリガタヤ~!!

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 2

kao

遅くなったけどぉ・・・
新春ハイク~♪では お世話様!
今年もオー家のお陰で楽しい山開きができたよん♪

帰りは宮が瀬? たぶん寄るだろうなぁ・・って思ってましたよん
^m^
あの程度じゃオーパパ物足りなかったよね

2~3月は松阪の予定だよね?
今月中にもう一山登りたいね。。。。

黒ラブちゃん 里親見つかったのね! 良かった~♪
私好みのどっしりショーータイプ
男の子だったらなぁ・・・って、心がグラグラ揺れた。。。
幸せな犬生を送って欲しいな
by kao (2008-01-14 21:33) 

ジャンニスキッキ

> kaoさん、
コースのことで色々スミマセンでした。m(_ _)m
それでも、天気がよかったし、富士山堪能できて、
新春らしいハイクでよかったです。

松阪行き、2月の三連休になりそうだから、その前に、
もう1回、どこか行けるかもね~みんなで行けるといいな。
コース考えないとね。熊と雪はNG?

黒ラブちゃん、経験豊富なラブ飼いさんに貰われたらしいです。
ほんとに、立派でラブらしい子だよね~幸せになるよう祈ってます。
by ジャンニスキッキ (2008-01-15 13:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。